総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「气部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 气部」 [部首索引


【气】气4+0=総画数4 U+6C14 [キ、ケ/] [ノ一𠂉三乙気气]
①空中に立ち籠(こ)める気(き)、”気”を参照
②きがまえ、部首名
③繁”氣”
漢字林(非部首部別)
【氕】气4+1=総画数5 U+6C15 [ヘツ/] [ノ一𠂉三乙気气ノ丿氕]
①軽水素、水素(H)の同位体の一つ
【氖】气4+2=総画数6 U+6C16 [ナイ/] [ノ一𠂉三乙気气ノ丿フ𠃌2𠄎乃氖]
①ネオン(Neon、Ne)、元素名{ネオン}
【気】气4+2=総画数6 U+6C17 [キ、ケ/] 【氣𣱛𣱖】[ノ一𠂉三乙気气メ㐅気]
①中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
②形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気(くうき)」「雰囲気(ふんいき)」
③ガス状のもの、「気体(きたい)」
④口から吐き出される息、「呼気(こき)」
⑤精神や活動の元となる力、「気力(きりょく)」「元気(げんき)」
⑤天候、またその変化や様子、「天気(てんき)」「気候(きこう)」
【氘】气4+2=総画数6 U+6C18 [トウ/] [ノ一𠂉三乙気气ノ丿I|丨氘]
①重水素、水素(H)の同位体の一つ
【𣱖】气4+2=総画数6 U+23C56 [キ、ケ/] 【気氣𣱛】[ノ一𠂉三乙気气ン冫𣱖]
①中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
②形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気(くうき)」「雰囲気(ふんいき)」
③ガス状のもの、「気体(きたい)」
④口から吐き出される息、「呼気(こき)」
⑤精神や活動の元となる力、「気力(きりょく)」「元気(げんき)」
⑤天候、またその変化や様子、「天気(てんき)」「気候(きこう)」
【氙】气4+3=総画数7 U+6C19 [サン/] [ノ一𠂉三乙気气山氙]
①キセノン(Xenon、Xe)、元素名{キセノン}
【氚】气4+3=総画数7 U+6C1A [セン/] [ノ一𠂉三乙気气川氚]
①三重水素、水素(H)の同位体の一つ
【氛】气4+4=総画数8 U+6C1B [フン、ブン/] 【𣱦】[ノ一𠂉三乙気气ハ八刀分氛]
①霧や雲などのように空中を漂う細かい水滴
②雰囲気、気配、特に不吉な気配
【氜】气4+4=総画数8 U+6C1C [ヨウ、ジツ、ニチ/] [ノ一𠂉三乙気气日氜]
①太陽、古同”陽”
②ヘリウム(Helium、He)の旧名、現”氦”{ヘリウム}
【氝】气4+4=総画数8 U+6C1D [ナイ/] 【氞】[ノ一𠂉三乙気气冂人入内內氝]
①ネオン(Neon、Ne)の旧名、現”氖”
【𣱙】气4+4=総画数8 U+23C59 [イン、オン/かげ、かげ・る] 【陰阴𨼖阥𨹉𨹩隂𨻔𨽙𨽭侌𠆭𠊺𤽎】[ノ一𠂉三乙気气月𣱙]
①物に遮(さえぎ)られて光(日光)が届かない、日光が届かずに暗い、またそのようなところ、日光が当たるところは「陽」
②山の北側、川の南側、日光が当たらない側、逆は「陽」
③人の目に触れない側、裏側、内面、隠れて見えない側、逆は「陽」
④隠す、見えないようにする
⑤人(女性)の生殖器
⑥日時計の影、時間、「光陰(こういん)」
【𣱚】气4+4=総画数8 U+23C5A [キ、ケ/] 【刉刏𣱞】[ノ一𠂉三乙気气一タ夕歹𣱚]
①衈(生贄の血を祭器に塗って供物を奉げる祭礼)の血を得るために突き刺す、刺す
②割る
③断ち切る
【𣱛】气4+4=総画数8 U+23C5B [キ、ケ/] 【気氣𣱖】[ノ一𠂉三乙気气火𣱛]
①中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
②形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気(くうき)」「雰囲気(ふんいき)」
③ガス状のもの、「気体(きたい)」
④口から吐き出される息、「呼気(こき)」
⑤精神や活動の元となる力、「気力(きりょく)」「元気(げんき)」
⑤天候、またその変化や様子、「天気(てんき)」「気候(きこう)」
【氞】气4+5=総画数9 U+6C1E [ナイ/] 【氝】[ノ一𠂉三乙気气一冂人内丙氞]
①ネオン(Neon、Ne)の旧名、現”氖”
【氟】气4+5=総画数9 U+6C1F [フツ/] [ノ一𠂉三乙気气弓弗氟]
①フッ素(弗素、F)、元素名{フッ素}
【氠】气4+5=総画数9 U+6C20 [シン/] [ノ一𠂉三乙気气田申氠]
①キセノン(Xenon、Xe)の旧名、現”氙”
【氡】气4+5=総画数9 U+6C21 [トウ/] [ノ一𠂉三乙気气ノ又夊夂、丶2⺀冬氡]
①ラドン(Radon、Rn)、元素名{ラドン}
【氢】气4+5=総画数9 U+6C22 [ケイ/] 【氫】[ノ一𠂉三乙気气スエ工𢀖氢]
①水素(Hydrogen、H)、元素名{水素}
【𣱜】气4+5=総画数9 U+23C5C [イン/] 【氤】[ノ一𠂉三乙気气口囗メ㐅龱𣱜]
①天から降り注ぐ気(き)、”気”を参照、「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣,天氣垂氤,地氣騰氳,日氣晝圍,月氣夜圓,山氣籠烟,川氣浮光,雲氣流霞。」
②「氤氳(いんうん)」、同「絪縕」、天地の気(き、”気”を参照)がもやもやと立ち籠めるさま
【𣱞】气4+5=総画数9 U+23C5E [キ、ケ/] 【刉刏𣱚】[ノ一𠂉三乙気气ト卜⺊タ夕歺𣱞]
①衈(生贄の血を祭器に塗って供物を奉げる祭礼)の血を得るために突き刺す、刺す
②割る
③断ち切る
【氣】气4+6=総画数10 U+6C23 [キ、ケ/] 【気𣱛𣱖】[ノ一𠂉三乙気气米氣]
①中国古来の考えで、天地全ての事物の基本要素、目に見えず形状は一定しない、あらゆる事物の生死・盛衰などの変化・変動はこの「気」の移動・集散によるものと考えられた
②形状が一定せず目に見えないが確かに存在しているもの、また感じ取れるもの、「空気(くうき)」「雰囲気(ふんいき)」
③ガス状のもの、「気体(きたい)」
④口から吐き出される息、「呼気(こき)」
⑤精神や活動の元となる力、「気力(きりょく)」「元気(げんき)」
⑤天候、またその変化や様子、「天気(てんき)」「気候(きこう)」
⑥簡”气”
漢字林(非部首部別)
【氤】气4+6=総画数10 U+6C24 [イン/] 【𣱜】[ノ一𠂉三乙気气口囗大因氤]
①天から降り注ぐ気(き)、”気”を参照、「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣,天氣垂氤,地氣騰氳,日氣晝圍,月氣夜圓,山氣籠烟,川氣浮光,雲氣流霞。」
②「氤氳(いんうん)」、同「絪縕」、天地の気(き、”気”を参照)がもやもやと立ち籠めるさま
【氥】气4+6=総画数10 U+6C25 [キ/] [ノ一𠂉三乙気气西氥]
①キセノン(xenon、Xe)の旧名、現”氙”
【氦】气4+6=総画数10 U+6C26 [カイ/] [ノ一𠂉三乙気气亠くノ2、丶亥氦]
①ヘリウム(Helium、He)、元素名{ヘリウム}
【氧】气4+6=総画数10 U+6C27 [ヨウ/] [ノ一𠂉三乙気气羊氧]
①酸素(O)、元素名{酸素}
【氨】气4+6=総画数10 U+6C28 [アン/] [ノ一𠂉三乙気气ウ宀女安氨]
①アンモニア(ammonia)
【氩】气4+6=総画数10 U+6C29 [ア/] 【氬】[ノ一𠂉三乙気气二ソ业亚氩]
①アルゴン(Argon、Ar)、元素名{アルゴン}
【𣱡】气4+6=総画数10 U+23C61 [シュン、ジュン/] [ノ一𠂉三乙気气ノ𠃌勹日旬𣱡]
①しゃっくり
【㲵】气4+7=総画数11 U+3CB5 [ショウ/] 【霄䨭】[ノ一𠂉三乙気气ハソ小月肖㲵]
①空、天空
②宵(よい)、夜
③雪や霰などが融け始め水を含んだような状態であるさま
【氪】气4+7=総画数11 U+6C2A [コク/] [ノ一𠂉三乙気气十口古口ノ丿L乚儿兄克氪]
①クリプトン(Krypton、Kr)、元素名{クリプトン}
【氫】气4+7=総画数11 U+6C2B [ケイ/] 【氢】[ノ一𠂉三乙気气一く𡿨3巛エ工巠氫]
①水素(Hydrogen、H)、元素名{水素}
【氬】气4+8=総画数12 U+6C2C [ア/] 【氩】[ノ一𠂉三乙気气二匚コ亜亞氬]
①アルゴン(Argon、Ar)、元素名{アルゴン}
【氭】气4+8=総画数12 U+6C2D [トウ/] [ノ一𠂉三乙気气日田木東氭]
①ラドン(radon、Rn)の旧名、現”氡”
【氮】气4+8=総画数12 U+6C2E [タン/] [ノ一𠂉三乙気气火2炎氮]
①窒素(N)、元素名{窒素}
【氯】气4+8=総画数12 U+6C2F [リョク、ロク/] [ノ一𠂉三乙気气レLフ一彑ンく水氺录彔氯]
①塩素(Cl)、元素名{塩素}
【氰】气4+8=総画数12 U+6C30 [チィン/] [ノ一𠂉三乙気气十二三土龶月青氰]
①シアン(cyan)、分子式CNで表される物質
【𣱢】气4+8=総画数12 U+23C62 [音未詳/] [ノ一𠂉三乙気气日ノ𠃌勹23勿易𣱢]
①義未詳、”氱”の訛字か?
【氱】气4+9=総画数13 U+6C31 [ヨウ/] [ノ一𠂉三乙気气日一旦万ノ𠃌勹23勿昜氱]
①酸素(O)の旧名、現”氧”
【氲】气4+9=総画数13 U+6C32 [ウン/] 【氳】[ノ一𠂉三乙気气口人皿昷氲]
①地から湧き上がる気(き)、”気”を参照、「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣,天氣垂氤,地氣騰氳,日氣晝圍,月氣夜圓,山氣籠烟,川氣浮光,雲氣流霞。」
②「氤氳(いんうん)」、同「絪縕」、天地の気(き、”気”を参照)がもやもやと立ち籠めるさま
【𣱦】气4+9=総画数13 U+23C66 [フン、ブン/] 【氛】[ノ一𠂉三乙気气ハ八刀分皿盆𣱦]
①霧や雲などのように空中を漂う細かい水滴
②雰囲気、気配、特に不吉な気配
【𣱧】气4+9=総画数13 U+23C67 [音未詳/] [ノ一𠂉三乙気气千田甲土里重𣱧]
①義未詳
【氳】气4+10=総画数14 U+6C33 [ウン/] 【氲】[ノ一𠂉三乙気气口囗人囚皿𥁕氳]
①地から湧き上がる気(き)、”気”を参照、「【古三墳:地皇軒轅氏乾坤易爻卦大象】風形氣,天氣垂氤,地氣騰氳,日氣晝圍,月氣夜圓,山氣籠烟,川氣浮光,雲氣流霞。」
②「氤氳(いんうん)」、同「絪縕」、天地の気(き、”気”を参照)がもやもやと立ち籠めるさま
【𣱩】气4+10=総画数14 U+23C69 [ショウ/] [ノ一𠂉三乙気气米日𫂵𣱩]
①消(き)える、消(け)す、次第に小さく(細く)なってやがて姿が見えなくなる、同”消”
【㲷】气4+12=総画数16 U+3CB7 [タン/] [ノ一𠂉三乙気气口2吅田甲十單㲷]
①窒素(N)の旧名、現「氮」
【𣱮】气4+14=総画数18 U+23C6E [音未詳/] [ノ一𠂉三乙気气車一く𡿨3巛エ工巠輕𣱮]
①義未詳


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 气部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です