総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [漢字林] 「龠部」

漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 龠部」 [部首索引


【龠】龠17+0=総画数17 U+9FA0 [ヤク/] 【𠎤】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠]
◆三孔(或いは六孔・七孔)の縦笛、合奏の際に音を合わせるための笛という、「排簫(ハイショウ)」の前身とされる、同「籥」
◆漢代の容量の単位、 1合=2龠 {各種単位}
◆やく、部首名
漢字林(非部首部別)
【龡】龠17+4=総画数21 U+9FA1 [スイ/] 【𪛑䶴𪛐】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ノフ乛人欠龡]
◆籥(ヤク、何本かの竹筒を並べた縦笛)などの管楽器に音を出すために息を吹き込む、同「吹」
【𪛊】龠17+4=総画数21 U+2A6CA [キン/] [人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ノ丿2𠂆T斤𪛊]
◆大きな竹笛
【龢】龠17+5=総画数22 U+9FA2 [カ、ワ/] 【𥤉】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ノ木禾龢]
◆調和が取れて心地よいさま、和(なご)むさま、同「和」
【𧢢】見部
【䶴】龠17+8=総画数25 U+4DB4 [スイ/] 【龡𪛑𪛐】[火ノフ乛人欠炊人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠䶴]
◆籥(ヤク、何本かの竹筒を並べた縦笛)などの管楽器に音を出すために息を吹き込む、同「吹」
【龣】龠17+8=総画数25 U+9FA3 [カク、ロク/] 【𪛓】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠レLフ一彑ンく水氺录彔龣]
◆軍中で使う楽器の名
◆古代五音(ゴイン、宮・商・角・徴・羽)の一つ、同「角」
【𪛋】龠17+8=総画数25 U+2A6CB [ショウ/とな・える] 【唱】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠日曰2昌𪛋]
◆最初に発声する、音頭を取る
◆歌う
【𪛌】龠17+8=総画数25 U+2A6CC [チ、ジ/] 【篪𥰽竾𥬌筂䶵𪛍𪛔】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ト⺊卜フ乛ノ丿七虍L乚儿2虎𪛌]
◆七孔の竹製の横笛、七つの指孔(ゆびあな、指で押さえる孔、音孔ともいう)と歌口(うたぐち、息を吹き込む孔、吹き口ともいう)を合わせ八孔と数えることもある、同「箎」 {管楽器}、「【爾雅注疏:釋樂】大篪謂之沂(《疏》・・・孫炎曰篪聲悲沂悲也・・・篪以竹爲長尺四寸圍三寸一孔上出寸三分名翹横吹之・・・廣雅云八孔鄭司農注周禮云篪七空蓋不數其上出者故七空)」
【𪛍】龠17+8=総画数25 U+2A6CD [チ、ジ/] 【篪𥰽竾𥬌筂䶵𪛌𪛔】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ト卜フ乛ノ丿七虍一亅丁𪛍]
◆七孔の竹製の横笛、七つの指孔(ゆびあな、指で押さえる孔、音孔ともいう)と歌口(うたぐち、息を吹き込む孔、吹き口ともいう)を合わせ八孔と数えることもある、同「箎」 {管楽器}、「【爾雅注疏:釋樂】大篪謂之沂(《疏》・・・孫炎曰篪聲悲沂悲也・・・篪以竹爲長尺四寸圍三寸一孔上出寸三分名翹横吹之・・・廣雅云八孔鄭司農注周禮云篪七空蓋不數其上出者故七空)」
【龤】龠17+9=総画数26 U+9FA4 [カイ、ゲ/] [人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ヒ七𠤎匕2比日白皆龤]
◆(楽器の)調子が合う、音が調和する、同「諧」
【龥】龠17+9=総画数26 U+9FA5 [ユ/] 【籲𥸤】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠一目自𦣻貝頁龥]
◆呼ぶ、呼び掛ける、訴える、「【尚書正義:盤庚上】率𥸤衆慼出矢言(《傳》𥸤和也率和衆憂之人出正直之言)」「【說文解字注:頁部:𥸤】・・・商書率籲衆戚出矢言某氏曰籲和也率和衆憂之人出正直之言按和之訓未知何出葢謂籲同龠龠以和衆聲也夫下文自我王來至底綏四方皆民不欲徙之言姚氏鼐之說是也籲衆戚出矢言正謂不欲徙之民相𧦝急出誓言・・・」
漢字林(非部首部別)
【𪛏】龠17+9=総画数26 U+2A6CF [アン、オン/] 【韽𩐧】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠立日音𪛏]
◆音や声が小さい、また小さくて聞き分けられない
【𪛐】龠17+9=総画数26 U+2A6D0 [スイ/] 【龡𪛑䶴】[凵山2出ノフ乛人欠欪人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠𪛐]
◆籥(ヤク、何本かの竹筒を並べた縦笛)などの管楽器に音を出すために息を吹き込む、同「吹」
【𪛑】龠17+9=総画数26 U+2A6D1 [スイ/] 【龡䶴𪛐】[火ノ丿3彡ノ丿L乚儿人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠𪛑]
◆籥(ヤク、何本かの竹筒を並べた縦笛)などの管楽器に音を出すために息を吹き込む、同「吹」
【䶵】龠17+10=総画数27 U+4DB5 [チ、ジ/] 【篪𥰽竾𥬌筂𪛌𪛍𪛔】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ノ丿2𠂆ト⺊卜フ乛ノ丿七虍L乚儿2虎34虒䶵]
◆七孔の竹製の横笛、七つの指孔(ゆびあな、指で押さえる孔、音孔ともいう)と歌口(うたぐち、息を吹き込む孔、吹き口ともいう)を合わせ八孔と数えることもある、同「箎」 {管楽器}、「【爾雅注疏:釋樂】大篪謂之沂(《疏》・・・孫炎曰篪聲悲沂悲也・・・篪以竹爲長尺四寸圍三寸一孔上出寸三分名翹横吹之・・・廣雅云八孔鄭司農注周禮云篪七空蓋不數其上出者故七空)」
【𪛓】龠17+11=総画数28 U+2A6D3 [カク、ロク/] 【龣】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠广コノ丿ヒ七𠤎匕2比鹿𪛓]
◆軍中で使う楽器の名
◆古代五音(ゴイン、宮・商・角・徴・羽)の一つ、同「角」
【𪛔】龠17+14=総画数31 U+2A6D4 [チ、ジ/] 【篪𥰽竾𥬌筂䶵𪛌𪛍】[竹人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠籥ト⺊卜フ乛ノ丿七虍L乚儿2虎𪛔]
◆七孔の竹製の横笛、七つの指孔(ゆびあな、指で押さえる孔、音孔ともいう)と歌口(うたぐち、息を吹き込む孔、吹き口ともいう)を合わせ八孔と数えることもある、同「箎」 {管楽器}、「【爾雅注疏:釋樂】大篪謂之沂(《疏》・・・孫炎曰篪聲悲沂悲也・・・篪以竹爲長尺四寸圍三寸一孔上出寸三分名翹横吹之・・・廣雅云八孔鄭司農注周禮云篪七空蓋不數其上出者故七空)」
【𪛕】龠17+16=総画数33 U+2A6D5 [ショウ/ふえ] 【簫箫簘𪛖】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠ク[コL乚ヨメ2亀龜𪛕]
◆竹製の縦笛、音孔(おとあな、音の高さを変えるための指で押さえる孔)がない長短複数本の竹筒を並べた楽器、底が塞(ふさ)がっていないものを「洞簫(トウショウ)」という、唐代(618年~907年)頃からは一本で音孔のあるものを「簫」と呼び、それまでの「簫」を「排簫(ハイショウ)」と呼ぶようになった {管楽器}
◆弓弭(ゆはず)、弓の両端の弦をかける部分 {弓箭}
【𪛖】龠17+20=総画数37 U+2A6D6 [ショウ/ふえ] 【簫箫簘𪛕】[人𠆢一亼口2吅3𠱠冂十2卄冊𠕁龠クコL乚ヨ2メ亀龜、丶4灬𪚰𪛖]
◆竹製の縦笛、音孔(おとあな、音の高さを変えるための指で押さえる孔)がない長短複数本の竹筒を並べた楽器、底が塞(ふさ)がっていないものを「洞簫(トウショウ)」という、唐代(618年~907年)頃からは一本で音孔のあるものを「簫」と呼び、それまでの「簫」を「排簫(ハイショウ)」と呼ぶようになった {管楽器}
◆弓弭(ゆはず)、弓の両端の弦をかける部分 {弓箭}


漢字林] [漢字林(非部首部別)] [付録

「漢字林 龠部」 [部首索引

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です