総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [日本史用語] 「一画」

五十音順  あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や~ 助字
部首画数  一画 二画 三画 四画 五画 六画 七画 八画 九画~
漢字総画数 公家官職対位表

一画

(いち)

一0101

【一人】 いちじん
【一入】 ひとしお
【一左右】 いっそう
【一向一揆】 いっこういっき
【一向宗】 いっこうしゅう
【一味】 いちみ
【一番槍】 いちばんやり
【一番鑓】 いちばんやり
【一揆】 いっき
【一類】 いちるい

一0102

【七道】 しちどう =五畿七道

一0103

【三好三人衆】 みよしさんにんしゅう
【三図】 さんず
【三昧】 さんまい・ざんまい
【三頭】 さんず

一0103

【与力】 よりき

一0103

【下人】 げにん
【下知】 げち・げじ

一0103

【上人】 しょうにん
【上意】 じょうい

一0104

【不斜】 ななめならず

一0105

【世法】 せほう


中-口(ぼう・たてぼう)

中-口0104

【中臣祓】 なかとみのはらえ
【中納言】 ちゅうなごん
【中務】 なかつかさ
【中間】 ちゅうげん


(てん)

丶0104

【丹州】 たんしゅう =丹波国、丹後国(兵庫県)

丶0105

【主水】 もいとり、もんど
【主馬】 しゅめ
【主税】 しゅぜい、ちから
【主膳】 しゅぜん


丿(の)

丿0105

【乍去】 さりながら


(はねぼう)

総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です