総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [日本史用語] 「な行」

五十音順  あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や~ 助字
部首画数  一画 二画 三画 四画 五画 六画 七画 八画 九画~
漢字総画数 公家官職対位表

ないき【内記】

律令制で、中務(なかつかさ)省の品官(ほんかん)。詔・勅の起草、位記の作成をつかさどる。文人・学者が選任された。【国語大辞典】

ないしょ【内書】

将軍が下す非公式の書状。

ないぜん【内膳】

内膳司の略。律令制で宮内省に属し、天皇などの食事の調理、毒見などを司る。

ないふ【内府】

内大臣(ないだいじん)の唐名。【国語大辞典】

ながえ【長柄】

長柄の槍のこと。柄の長さが2間(約3.6m)から3間(約5.4m)の槍。

ながえぼし【長烏帽子】

立烏帽子の先細のもの。【国語大辞典】
烏帽子
烏帽子

なかとみのはらえ【中臣祓】

大祓(おおはらえ)のこと。大祓の儀は中臣氏が代々執り行ってきたことから。

なかつかさ【中務】

中務省の略。律令制の八省の一。天皇の側近に侍従し、詔勅の文案を審署し、宣旨・上表の受納・奏進、国史の監修、女官の名帳および叙位、諸国の戸籍・租税帳および僧尼名籍などをつかさどった。ここでは文官でも帯剣した。【広辞苑】

ながみつ【長光】

鎌倉時代、備前国長船(おさふね、岡山県邑久郡長船町)の刀工。

ななめ【斜め】

疎か。普通と違っている。

ななめならず【不斜】

甚だしい様子。

なわばり【縄張】

城郭などを設計すること。場所の選定、曲輪虎口の位置などを設計する。

なんかいどう【南海道】

律令制の広域行政区画で五畿七道の一つ。紀伊(きい、和歌山県及び三重県の一部)・淡路(あわじ、兵庫県淡路島)・阿波(あわ、徳島県)・讃岐(さぬき、香川県)・伊予(いよ、愛媛県)・土佐(とさ、高知県)の六カ国。また、これらの諸国を通ずる街道。

にないごし【担輿・荷輿】

ござで包んだ輿。地下(じげ)の人の乗物。

にゅうどう【入道】

仏道に入って修行すること。また、その人。仏道に入った三位以上の人。単に、剃髪している人を指す場合もある。

にゅうぶ【入部】

国司などが領地に赴任すること。

にょうぼうほうしょ【女房奉書】

天皇側近の女官が、勅命を受けて書いた仮名書きの文書。

にんじゅ・にんず【人数】

大勢の人々。軍隊。

ねごろ【根来】

和歌山県那賀郡岩出町の地名。新義真言宗総本山の根来寺がある。

ねごろしゅう【根来衆】

ねごろほうし【根来法師】

ねごろほうし【根来法師】

根来寺の僧兵からなり、戦国時代には鉄砲で武装した集団として有名。石山合戦の際には本願寺に加勢し織田信長に抗戦したが敗れ、更に、小牧・長久手の役には雑賀衆と共に豊臣秀吉と戦って天正13(1585)年、討伐された。根来衆ともいう。

のうしゅう【濃州】
美濃国。現在の岐阜県。

のきぐち【退口】

退却すること。

のし【熨斗】

方形の色紙を細長く上は広く下は狭い六角形にし、ひだをつけて折りたたみ、中に熨斗鮑の細片をはりつけたもの。進物に添えて贈る。【国語大辞典】
熨斗

のちぞなえ【後備】

あとぞなえ【後備】



総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です