総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [植物用語集] 「は行」

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら~

披針形【ひしんけい】

葉の形を区別するために用いられる言葉で、細長く、先端が尖り基部がやや広いものを、披針形といいます。
披針形とは逆に、葉の先端の方が広いものを、倒披針形といいます。
披針形

副花冠【ふくかかん】

花弁(花びら)の内側にあって、(花弁ではないのに)花弁に似た形をしているものを副花冠といいます。
花冠(かかん)とは、花弁(花びら)全体を指す言葉です。
副花冠

複葉【ふくよう】

一枚の葉が深く切れ込んで複数の独立した葉のように見える(全裂、ぜんれつ)葉を、複葉といいます。
その一つ一つの葉を、小葉(しょうよう)といいます。
複葉は、もともとは一つの葉ですので、たくさんの小葉に分かれても、全体としては一つの葉に見えます。
(実際には、一つの葉に見えないものもあるものですから、そこが難しいのですが、・・・)
写真左は、同じような羽状をしていますが、単葉と複葉の差が、お分かりになるでしょうか。
これに対し、全裂していない葉を、単葉(たんよう)といいます。
単葉複葉 葉の縁

仏炎苞【ぶつえんほう】

一枚の苞(ほう)が、花全体を包むような形になるものを、仏炎苞といいます。
苞は、花被(かひ、花冠(かかん、花弁の総称)と、花冠を保護する役目のある萼(がく、萼片の総称))の外側にある、葉のようなものです。
図中の、肉穂花序(にくすいかじょ)とは、花の付き方を表する言葉で、花軸(かじく、花の付く茎や枝)が肥り、そこに花が付いているものを指します。
多肉の花軸に、穂のように花が密に付く、ということですね。
仏炎苞

平行脈【へいこうみゃく】

葉脈(ようみゃく、葉に分布する水分や養分を通すための管、動物でいう血管のような働きをする管)が、平行になっているものを、平行脈といいます。
単子葉植物に特徴的な葉脈の形です。
ここでいう「平行」とは、交差或いは分岐しないものを指し、文字通り「平行」であることを意味しません。
単子葉植物とは、被子植物(種子で増えるもの)の種子の中に初めから入っている葉(子葉、しよう)が、一枚のものです。
これに対し、葉脈が網状のものを、網状脈(もうじょうみゃく)といいます。
平行脈

閉鎖花【へいさか】

蕾のような状態のまま、花びらを開かずに、自分自身で受粉する花を、閉鎖花といいます。
ただ、多くは、普通に開花し受粉しており、それ以外に、ある時期、また、ある時間帯に自家受粉する、ということのようです。
今度、よく観察してみたいと思っています。
スミレ・ヤブマメなどがあります。
多くは、花が開き、虫や風などの助けを借りて受粉しますが、このような花を開放花といいます。

苞【ほう】

萼(がく、蕾や芽を保護する役目を担う)の外側に小さな葉のようなものがある場合がありますが、これを苞(ほう)といいます。
葉に似ていることが多いことから、苞葉・包葉(ほうよう)とも呼ばれます。
この一つ一つを苞片(ほうへん)といいます。
多くは葉に似ていますが、中には、特徴ある形や色をしているものもあります。
一つの花を包んでいる場合は、そのまま「苞」、幾つかの花を包んでいる場合は、「総苞」と呼ぶようですが、自信がありません。
更に、萼だけで苞がないもの、萼がなく苞だけのもの、萼も苞もあるもの、といろいろあるものですから、ますます悩ましいですね。
苞

苞片【ほうへん】

蕾や芽を保護する役目を担う器官を、苞(ほう)、或いは、苞葉・包葉(ほうよう)といいますが、この一つ一つを苞片(ほうへん)といいます。
多くは葉に似ていますが、特徴ある形や色をしてものもあります。
苞

苞葉・包葉【ほうよう】

苞【ほう】


総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です