総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [植物用語集] 「な行」

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら~

内花被【ないかひ】

雌蕊(めしべ、しずい)や雄蕊(おしべ、ゆうずい)の外側にあって、これを保護する役目のある花冠(かかん、花弁の総称)と萼(がく、萼片の総称)を合わせて花被(かひ)といいます。
その花冠に相当する部分を、内花被(ないかひ)といいます。
萼に相当する部分は、外花被(がいかひ)といいます。
花被

肉芽【にくが】

葉の付け根の芽(腋芽、えきが)などに、茎が養分を貯えて小さな塊となったものを、肉芽といいます。
この肉芽は、落下し、発芽して、新しい個体となります。
零余子(むかご)とも呼びます。
同じ零余子ですが、葉が肥大化してできるものは、珠芽(しゅが)といいます。
零余子

肉穂花序【にくすいかじょ】

花の付き方を表する言葉で、花軸(かじく、花の付く茎や枝)が肥り、そこに花が付いているものを指します。
多肉の花軸に、穂のように花が密に付く、ということですね。
仏炎苞(ぶつえんほう)とは、苞(ほう、花の外側にある葉のようなもの)が、花全体を包むような形になるもの、を指します。
仏炎苞

二年生植物【にねんせいしょくぶつ】

種子から発芽し、成長し、花を開き、実を結び、枯死(こし)まで、一年以上二年未満の植物を、二年生植物といいます。
草本の場合は、二年草・二年生草本とも呼ばれます。
木本は、基本的には長期にわたって成長するため、このような分類を用いることは稀で、多くの場合は草本に用いられます。
同じ年に発芽し枯死する植物は、一年生植物・一年草・一年生草本といいます。
一年以内に、発芽し枯死する植物で、冬を越す(年をまたぐ)植物は、越年生植物・越年草・越年生草本といいます。
更に、二年以上枯死せずに生存する植物は、多年生植物・多年草・多年生草本といいます。
この多年生植物には、地上部(茎や葉)が枯れるものと、地上部も枯死しないものとがあり、地上部(茎や葉)が枯れるものは、宿根性植物・宿根草・宿根生草本といいます。

二年生草本【にねんせいそうほん】

二年生植物【にねんせいしょくぶつ】

二年草【にねんそう】

二年生植物【にねんせいしょくぶつ】


総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です