総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
辞典・用語】 [印刷関係用語辞典] 「な行」

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や~ 英数

なかぐろ【中黒】

点「・」のこと。天地左右の中央に位置することから。

なかとじ【中綴】

本文と表紙を同時に針金で綴じる製本方式。
カタログ・週刊誌などに多く用いられ、比較的安価ではあるが、頁数の多いもの(厚いもの)には適さない。
中綴

ながれ・ながれめ【流れ・流目】 >紙目

なげこみ【投げ込み】

ページ物の間に、綴じずに挟んである印刷物。葉書や正誤表など。
綴じ込み貼り込み

なみせいほん【並製本】

本文を製本してから、簡単な(比較的薄い)表紙を糊付けするなどして仕上げる製本の方法。
上製本

にかわ【膠】

上製本の背固めに使われる接着剤

ニスびき【varnish引き】

印刷物の表面に艶出し塗料を塗布し、光沢を出す加工の一種

にじゅうだち【二重断ち】

ドブに沿って断裁すること。
断裁する部分に絵柄や文字が掛かっていない場合(下図で左側のような場合)であれば、一度の断裁で切り分けられる(断ち割りという)が、断裁する部分に絵柄や文字が掛かっている場合(下図で右側のような場合)は、断裁の際の誤差やズレのため、隣の絵柄や文字が残ってしまう。
そのため、3mm程度の余裕を取っておき、隣の絵柄や文字が残らないよう二度に分けて断裁する。
断ち割り・二重断ち

にちょう せいほん【二丁製本】

同じものを二つ同時に製本し、綴じ上がってから断裁して仕上げる製本の方法。小さい本の場合は、曲がりが出易いため、大きいサイズのまま製本することが多い。

にゅうこう【入稿】

原稿が印刷所に入ってくること

ぬき【抜き】

製品の外周が直線以外の場合には、その形に合わせた型を作り、(切るのではなく)抜いて仕上げる。その型のことを「抜き型」という。

ぬきずり【抜き刷り】

ページ物などで一部のページだけを印刷すること、又は印刷したもの。

ぬりたし【塗り足し】

製品は下図の赤破線のように仕上げられるが、作業の際に僅かなズレが生じる。そのため、ズレても白地が出ないように外トンボ(下図の1)まで絵柄を続けておく。(下図の5の部分)
下図の左半分のような場合は、ズレても支障はないが、右半分のように、絵柄や文字がある場合は最小でも3mmの塗り足しが必要となる。
トンボ

ねつ あっちゃく【熱圧着】

カレンダーなどで、綴じる部分にベタ刷りをし、熱を加えながら圧力を加えて固定させる製本の方法。

ねんこう【念校】

再確認のため(念のため)に刷る校正刷り

のど

本の部位の呼称で、綴じ目、或いは、綴じ目に近い部分を指す。反対側が小口(こぐち)。
本

ノンブル【nombre】

本のページ番号。英語の「number」に当たる仏語。



総合目次のページ 辞典や用語集です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です