総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です メールはこちらからどうぞ
K'sBookshelf】 [Flower in Season]

| 2016年 |
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年


表紙を飾った花です。
これらの花は、[花の名前小辞典]・[花の図鑑]でもご覧いただけます。


Jan/1/2017

庭の「センリョウ【千両】」です。赤い実が可愛らしく、正月飾りにも使っています。手間をかけることはありませんが、毎年立派に実を付けてくれます。

Dec/18/2016

「ヒイラギ【柊, 疼木】」です。白い四弁の花です。ほんのりと良い香りがします。葉は厚みがあり、トゲがあります。先端は鋭く尖っていて、触ると痛いです。クリスマス・リースなどに使われますが、この鋭い鋸歯を持つ葉が、魔除けになるということからのようです。

Dec/4/2016

「サザンカ【山茶花】」です。「ヤブツバキ【藪椿】」に大変よく似ていて、見分けるのが難しいのですが、「サザンカ」は花びらがばらばらに散り落ちますが、「ヤブツバキ」は花全体がそのままの形で落花します。それに、この季節に咲いているものの殆どは「サザンカ」で、「ヤブツバキ」は、今、可愛らしい蕾が膨らみつつある状態で、花を楽しめるのは、まだ少し先になります。

Nov/6/2016

「ハキダメギク【掃溜菊】」です。夏の終わり頃から咲き始めて、寒くなっても咲き続けます。五枚の白い花びら(舌状花、ちなみに中央の黄色い部分は筒状花です)は、アヒルの足のような形をしています。可愛らしい花ですが、それにしても「掃溜」とは、いかにも可哀相な名前ですね。ちなみに、この名は、牧野富太郎博士の命名だということです。

Oct/16/2016

「コスモス【秋桜】」です。とても可愛らしい花、それに「秋桜」という漢字名が、何とも言えず良いですね。「秋に咲くサクラ(桜)に似た花」の意味で名付けられました。多分、花の形ではなく、花の色をサクラに見立てたのでしょうね。秋、・・・ですねぇ。

Oct/4/2016

「キンモクセイ【金木犀】」が咲いています。オレンジ色の小さな四弁花が、固まって咲きます。随分離れていても、甘い濃厚な香りが届いてきます。この花が咲き始めると、夏が終わり、秋がやってきたことを感じさせてくれます。

Sep/4/2016

「マルバルコウ【丸葉縷紅, 丸葉留紅】」です。アサガオのような形の真紅の花です。花径1.5cmほどの小さな花ですが、花色が鮮やかでよく目立ちます。「マルバ」の名の通り、葉はハート形です。糸のように細い葉の「ルコウソウ【縷紅草】」、モミジ葉のような葉の「モミジルコウ【紅葉縷紅, 紅葉留紅】」などがありますが、花はどれもよく似ています。

Jul/31/2016

「ハゼラン【米花蘭, 爆蘭】」です。午前中は赤色や橙色の蕾状に花は閉じていますが、午後になると、5-8mmほどのピンクの五弁花が開きます。午後の三時前後に花開くことから「サンジカ【三時花】」とも呼ばれます。時間に正確で、とても可愛らしい花です。

Jul/17/2016

「オシロイバナ【白粉花】」です。花弁に見える部分は萼なのだそうです。ほのかに良い香りがします。これが「オシロイバナ」の由来だと、づっと思っていたのですが、最近そうではないことを知りました。咲き終わった花(萼)が散り落ちると、その後に黒い種ができます。この種を割ると白い粉があり、それを「白粉(おしろい)」に見立てたものなのだそうです。

Jul/3/2016

近くの公園の「トウネズミモチ【唐鼠黐】」が、今盛りです。花は白色なのですが、離れて見ると黄色(蕊の色)に見えます。4-5mにもなる大きな木で、濃い緑の葉と相俟(あいま)って、とても良く目立ちます。花が散ると、豆のような形の緑色の実が成り、次第にくすんできて、最後には真っ黒になります。この黒い実が、鼠の糞に似ていることからの名のようです。

Jun/19/2016

「アジサイ【紫陽花】」です。今盛りです。花は中央の小さな部分で、花のように見えるものは萼(がく)です。このように萼が花のように見えるものを装飾花と呼びます(説明が少し粗っぽいかな、という感じがしないでもありませんが)。別名を「シチヘンゲ【七変化】」、その名の通り、色も形も様々、雨の多い季節を彩ってくれる貴重な花です。

Jun/4/2016

「セイヨウキンシバイ【西洋金糸梅】」です。学名「ヒペリカム・カリシナム【Hypericum calycinum】」とも呼ばれます。蕊(しべ)がとても華やかで、濃いめの山吹色も可愛らしいですね。この花が咲くと、間もなく梅雨入りです。間違いありません、きっと・・・、多分・・・、・・・と思います。

May/15/2016

「オヤブジラミ【雄藪蝨】」です。花は2mm程度と大変小さいのですが、花弁の先がうっすらとピンク色(紫色)で、とても可愛らしいです。ただ、実は要注意、「ひっつき虫」と呼ばれ、先の曲がった刺状の毛が密生し、衣服に付くとなかなか取れません。

May/1/2016

お隣の玄関の「モッコウバラ【木香薔薇】」が満開です。優しいクリーム色の花で、とても綺麗です。蔓性のバラで、刺(とげ)はありません。ほとんど手入れをしなくても育ってくれるそうです。が、育ち過ぎるのが難点で、剪定が欠かせないとのことです。

Apr/24/2016

「フイリツルニチニチソウ【斑入蔓日日草, 斑入蔓日々草】」です。花は4-5cm程、色は青紫、花弁の形が、とても良いですね。蔓性でよく伸びます。10年以上も、手入れはしていませんが、毎年可愛らしい花を咲かせてくれます。

Apr/10/2016

「オオイヌノフグリ【大犬の陰嚢】」です。花は1cm前後で優しい青色、何とも可愛らしい花です。実が「陰嚢」に似ていることから、この名前になりました。残念な名前ですが、一度覚えれば忘れられない名かもしれません。

Mar/27/2016

「アセビ【馬酔木】」が満開です。可愛らしいスズランのような花を咲かせます。白花やピンクなどもあります。漢名の「馬酔木」は、馬などが葉や枝を食べると、酔ったようになる、ということからこの名になりました。

Mar/5/2016

「カワヅザクラ【河津桜】」が満開です。例年よりかなり早い開花でした。濃いピンクの桜で、しかも早咲き。代表的な「ソメイヨシノ【染井吉野】」よりも半月ほど早く咲き出します。綺麗ですね。春が近いことを知らせてくれる、愛(いと)おしい花です。

Feb/14/2016

「ヤブツバキ【藪椿】」です。今年は暖かいせいか、咲き出すのが早く、そろそろ見収めでしょうか。一般に「ツバキ」といえば、この「ヤブツバキ」を指しますが、分類上の「ツバキ」は、ツバキ科ツバキ属の植物の総称です。ツバキ属には、「ヤブツバキ」の他に、「サザンカ【山茶花】」や「チャノキ【茶の木】(若芽がお茶の原料になります)」などを含みます。

Feb/7/2016

週末、ワインを購入するために、勝沼へ行ってきました。「フクジュソウ【福寿草】」が咲いていました。輝くような黄金色の大変美しい花です。

Jan/10/2016

「ウメ」の紅色八重の品種です(品種名は分かりません)。近くの遊歩道の樹ですが、何時もの年なら、2月中旬ごろに満開になります。今年は暖かいせいで早いですね。ただ、他の樹は、まだこれからという様子で、早咲きの品種なのでしょうか。心が温まります。

Jan/10/2016

「シクラメン」です。冬場の花の少ない時期に、可愛らしい花を咲かせてくれます。茎の先に下向きに花を付け、花弁は上に向かって開く、・・・面白いかたちですね。写真の「シクラメン」は、花弁の縁がフリルのように波打つ品種で、「ロココ咲き」というのだそうです。



総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です メールはこちらからどうぞ