総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
K'sBookshelf】 [Flower in Season] 「2005年」

Dec/25/2005

「ユーフォルビア・レウコケファラ【Euphorbia leucocephala】」、流通名「シラユキヒメ【白雪姫】」です。「シラユキヒメ【白雪姫】」の方が、可愛らしい姿に相応しい名前ですね(それに正式名よりも、はるかに覚えやすい)。白いへら状の花びらのように見えるのは苞葉で、花はとても小さくて目立ちません。

Dec/11/2005

「ビオラ【viola】」です。可愛らしい2-3cm程の花です。正直なところ、「パンジー【pansy】」との区別ができません。花の大きさだけが頼りです(2-3cm前後のものは「ビオラ」、5cm前後のものは「パンジー」、ということですが)。寒さが厳しい季節にも、部屋に入れておけば、咲き続ける貴重な花です。

Dec/4/2005

「ビワ【枇杷】」です。地味な花ですが、よく見るとサクラやウメのような形をしています。これがなかなか可愛いですよ。黄色の実を想像させて、けなげな感じが良いですね。個人的な話ですが、この春に庭のビワの木を植え替えたのですが、一本枯らしてしまいました。残念です。

Nov/20/2005

「サザンカ【山茶花】」です。この季節には貴重な花ですね。「ツバキ【椿】」に似ています。花期も重なるところがあるため、区別が難しいかもしれません。通常、花びらが一枚ずつ散っていれば「サザンカ」、花全体がばらばらにならずに散り落ちていれば「ツバキ」、ということです。おしべで区別する方法もあるのですが、写真ではおしべが見えないものですから、今回は省略します。

Nov/13/2005

「ニンニクカズラ【大蒜蔓】」です。大変美しい青紫の花で、よく育つそうです。葉を傷つけるとニンニクのような臭いがするということから、別名「ガーリック・バイン【garlic vine】」と呼ばれます(ガーリックは大蒜[にんにく]のことです)。

Nov/6/2005

「ウシハコベ【牛繁縷】」です。春頃から咲いていますが、寒さが厳しくなっても咲き続けます。清楚で端整な白色の花びらは、10枚に見えることがありますが実は5枚。可愛らしく、その上強靭ですね。小さくて見にくいのですが、めしべ(花柱)の先が5つに枝分かれします。ちなみに、「ハコベ【繁縷】」は3つに枝分かれします。

Oct/30/2005

「ツワブキ【石蕗】」が咲き始めました。「フキ【蕗】」に似た大きな葉で「ツヤ」がある、ということから「ツワブキ」となりました。写真では、その「ツヤ」が良く分からないのが残念です。その美しい黄色の花が印象的で、遠くからでも良く目に付きます。若い葉柄は食用になり、根は腫物・湿疹などの薬用になるそうです。

Oct/23/2005

「イヌサフラン【犬サフラン】」です。葉がありません。透明感のあるピンクの花が、とても綺麗です。「サフラン【saffraan】」という名が付きますが、「サフラン」はアヤメ科サフラン属、「イヌサフラン」はイヌサフラン科イヌサフラン属で、別種です。「イヌ」は多くの場合、「役に立たない」という意味で名付けられますが、役に立たないどころか、通風などの治療薬の原料になるということです。ただし、そのままでは毒草ですので、ご注意ください。

Oct/9/2005

「カラスノゴマ【烏の胡麻】」です。花は15mmほどで、やや下向きに咲きます。写真も下から仰ぐように撮影しました。可愛らしい花なのですが、葉の陰に隠れてしまうことが多く、見逃してしまいそうです。「ゴマ【胡麻】」に似た実がなり、それよりも大きいことから「カラス【烏】」の名になったそうです。

Oct/2/2005

近くの公園の「コスモス【秋桜】」です。花びらが桜の花に似ていることから、「アキザクラ【秋桜】」とも呼ばれます。姿かたちといい、名前といい、つつましやかで、清楚で、いとおしい花ですね。少し盛りを過ぎていたのですが、見渡す限りに広がっているさまは見事でした。

Sep/25/2005

「マルバルコウ【丸葉縷紅, 丸葉留紅】」「マルバルコウソウ【丸葉縷紅草, 丸葉留紅草】」です。真っ赤なアサガオに似た、1.5cm程の小さな花です。「縷」は「細ぼそと連なる糸(広辞苑)」の意味で、文字通り糸のように細い葉の「ルコウソウ【縷紅草】」、それよりも幾らか幅広の葉の「ハゴロモルコウソウ【羽衣縷紅草】」があり、この花は「ルコウソウ」に似た花で、葉はハート型ということから命名されました。

Sep/18/2005

「マメアサガオ【豆朝顔】」です。1cm程の小さな花で、花に比べて葉が大きいものですから、うっかりすると、見落としてしまいそうですが、星型の端整な形がとても可愛いですね。

Sep/11/2005

「クズ【葛】」の花です。大変繁殖力の旺盛な蔓性の植物ですが、カッコントウ(葛根湯)と呼ばれる漢方薬は、この「クズ」の根を主原料とするもので、風邪薬のような用途で利用されますし、「くずもち」「くずきり」などの食用にも利用されます。それにしても、払っても払っても延びてくる生命力には、感心を通り越して厄介という感じです。

Aug/21/2005

暑い季節に「ムクゲ【木槿, 槿】」の花が元気です。大変清楚な感じのする花で、健気にも夏の間、次々に咲き続けます。色も白から薄赤紫・薄青紫や赤に近いものまであり、その上、一重のものと八重咲きのものと、種類も豊富です。韓国の国木だそうです。

Aug/14/2005

近くに川原に「クサギ【臭木】」の木が沢山あります。独特の臭いがすることから、名付けられました(臭いのは木や葉からのもので、花は芳香を放つそうです)。今、その白い花が満開です。遠くから見ると、それは見事。花が散ると、赤い萼と濃青紫の実が、これまた印象的です。

Jul/31/2005

「ヘクソカズラ【屁屎葛】」です。葉や茎を揉んだり潰したりすると、「屁」や「屎」のような嫌な臭いがすることから、この名前があります。それ程ではないと思うのですが。7月頃から、いたるところに絡み付いて(「葛」は蔓性の植物の意味です)、可愛い花を咲かせます。先週までの「ビンボウカズラ【貧乏葛】」もそうですが、植物の名前には独特なものが多く、思わず吹き出してしまいそうですね。

Jul/17/2005

「ヤブガラシ【藪枯らし】」です。ピンクやオレンジ・黄色の小さな花が集まり、全体が五角形になります。「藪」をも枯らしてしまうほど繁殖力が旺盛だということで、この名前があります。別名「ビンボウカズラ【貧乏葛】」と呼ばれ、いずれもあまり印象の良くない名前ですが、なかなか可愛らしい花です。

Jul/10/2005

今週は「コマツナギ【駒繋ぎ】」です。「クズ【葛】」の花に似ていますが、それよりも小型です。控えめなピンク色がとても可愛らしく綺麗ですね。馬(駒)を繋いでおける程丈夫だというところから、この名が付きました。初めは草かと思っていたのですが、木だそうで、なるほど合点がいきました。

Jun/26/2005

先週に続いて、今週もアジサイの一種「ガクアジサイ【額紫陽花】」です。数年前、花に興味を持ち出した頃、中央の部分も周辺部と同じように花開くものだと思っていて、撮影の頃合を待ち続けたことを思い出します。結局、最後までこのままだということを知ったのは、暫くしてからのことでした。どうやら、全体が周辺部と同じようにな花になった(改良されたのか、自然にそうなったのかは分かりませんが)のが、「アジサイ」だということです。

Jun/19/2005

この季節は、やはり「アジサイ【紫陽花】」ですね。同じ花でも微妙に色が変化することから「七変化」とも呼ばれます。漢字名の「紫陽花」は本来別の花を指すということですが、もうこれ以外は考えられないと思う程、良く馴染んだ良い名だと思うのですが、いかがでしょうか。

Jun/12/2005

二週続けて黄色の花が続きましたので、今週は「ドクダミ【蕺草, 毒痛】」です。ただ、白い花びらに見えるのは、「総苞片(そうほうへん)」で、中央の突起している部分が花です。
先週、「ビヨウヤナギ【未央柳】」を載せて、「この花が咲き始めると、間もなく梅雨」と書きましたが、その通りになりましたね。

Jun/5/2005

「ビヨウヤナギ【未央柳, 美容柳】」です。5cm程もある大き目の花で、長い雄蕊(おしべ)が可愛らしいですね。例年、決まって今頃に咲き始めますが、この花が咲き始めると、間もなく梅雨。驚くほど正確です。
お詫び。これまで「ビヨウヤナギ【未央柳】」とご紹介していたこの花は、「セイヨウキンシバイ【西洋金糸梅】」であることが分かりました。お詫びして訂正いたします。

Jun/11/2006

May/29/2005

「オオキンケイギク【大錦鶏菊】」です。オレンジ色の花が印象的です。近くの公園では、遊歩道の両側に100m近くにわたって咲き並んでいます。とても綺麗。

May/22/2005

近くの公園で咲いている「ニワゼキショウ【庭石菖】」です。1cm程のあまり目立つ花ではありませんが、よく見ると、大変几帳面な形をした六弁花で、とても綺麗です。写真は白花ですが、薄赤紫の花もあります。

May/8/2005

「トキワハゼ【常磐黄櫨】」です。優しい紫色をした小さな花です。春から秋頃まで咲いているそうです。実は長い間、「ムラサキサギゴケ【紫鷺苔】」だと思っていました。ここで紹介しようとして間違いに気付き、慌てて修正しました。お詫びして訂正いたします。

May/1/2005

少し前から「ナガミヒナゲシ【長実雛罌粟】」が、いたるところで咲いています。鮮やかなオレンジ色が印象的ですね。実が長いことから「長実」の名が付きました。

Apr/24/2005

「セリバヒエンソウ【芹葉飛燕草】」です。淡い青紫色の花で、可愛らしい形をしています。名前の「芹葉」は「セリ【芹, 芹子, 水芹】」の葉に似ていることから、「飛燕草」の名は、「燕」が飛んでいる姿に似ているところからの命名だとのことです。良い名前ですね。

Apr/17/2005

庭の「ドウダンツツジ【満天星躑躅】」が咲き始めました。「すずらん【鈴蘭】」のような形の白い花と、萌黄色の葉のバランスが、何とも微妙で可愛らしいですね。その上、秋の紅葉も大変綺麗。大好きな花です。

Apr/10/2005

今週は、もう、「サクラ【桜】」ですね。大勢の人と満開の桜を見てきたばかりです。写真の桜は、鮮やかなピンクで、まるで桃の花のようです。品種名がどうしても分かりませんでした。



総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です