総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
K'sBookshelf】 [Flower in Season] 「2014年」

Dec/28/2014

「ノース・ポールギク【ノース・ポール菊】」です。寒さの中で清楚な白い花を咲かせます。濃い緑色の葉との対照が美しいですね。

Dec/6/2014

「サザンカ【山茶花】」が満開です。ツバキ科の植物です。「ヤブツバキ【藪椿」に良く似ていますが、花期が早い(「ヤブツバキ」は冬の終わりごろから春先)ことや、花びらが一枚一枚ばらばらに散る(「ヤブツバキ」は花全体が纏まって落ちます)、ことなどで区別できるだろうと思います。念のために、「ツバキ」という呼称は、基本的にはツバキ科ツバキ属(Camellia)のことですが、一般に「ツバキ」といえば、日本原産の「ヤブツバキ」を指すようです。

Nov/23/2014

「ヒイラギ【柊, 疼木】」の白い花が満開です。一つ一つは小さいのですが、素晴らしく真っ白な花です。それに、大変良い匂いがしますよ。

Nov/9/2014

「アメリカセンダングサ【亜米利加栴檀草】」です。一カ月程前に紹介した「コセンダングサ【小栴檀草】」に良く似ていますが、総苞(花を保護するように広がる葉)が特徴です。これも「ひっつき虫」で、衣服に付くと、かなり厄介なことになります。

Oct/19/2014

「ヒメツルソバ【姫蔓蕎麦】」です。小さな花が固まって7-8mmの金平糖のような形をした球状になります。草丈は10-15cm程で、地面を這うように広がります。夏頃から咲き始め、まだ暫くは楽しめます。

Oct/19/2014

「サルビア・ミクロフィラ 'ホット・リップス'【Salvia microphylla 'Hot Lips'】」が咲いていました。「チェリー・セージ 'ホット・リップス'」という名の方が、おなじみかもしれません。「Hot Lips」という名前が絶妙ですね。白も赤も大変綺麗な花です。

Oct/12/2014

「セイタカアワダチソウ【背高泡立草】」が咲き始めました。綺麗な黄色の花なのですが、繁殖力が旺盛で、秋の花粉症の原因になるともいわれ、嫌われることも多い花です。

Oct/5/2014

「コセンダングサ【小栴檀草】」です。今、近くの土手一面に咲いています。「コセンダングサの種」は独特の形状をしていて、「ひっつき虫」と呼ばれます(但し、「ひっつき虫」と呼ばれるものは「コセンダングサ」だけではありません)。

Sep/28/2014

「アキノノゲシ【秋の野芥子】」です。上品なクリーム色の花ですが、白いものもあるそうです。花径は2cm程、草丈は1-2mでしょうか。近くの土手や路傍に多く見られます。

Sep/14/2014

「ヤブタビラコ【藪田平子】」です。1cmに満たない小さな花ですが、端正な形の可愛らしい花です。草丈も10-20cm程度と大きくありません。春から初秋にかけてよく見かけます。

Sep/7/2014

「タマスダレ【玉簾, 珠簾】」です。美しい純白の花です。ゼフィランサス【Zephyranthes】とも呼ばれますが、「ゼフィランサス」は属名で、「タマスダレ」「サフランモドキ」「キバナサフランモドキ」などを含みます。

Aug/24/2014

「ヘクソカズラ【屁屎葛】」です。可愛らしい花なのですが、「屁屎」とは、何とも可哀相な名ですね。葉などから異臭がすることからこの名があり、英名でもスカンク skunk の名が付きます。ただ、場所や季節にもよるのでしょうか、あまり異臭を感じたことはありません。

Aug/17/2014

「ノウゼンカズラ【凌霄花】」です。この季節に、濃いオレンジ色が良く目立ちます。蔓性で、木などに絡み付きながら、良く育ちます。

Aug/10/2014

「ヤナギハナガサ【柳花笠】」です。別名を「三尺バーベナ」といいます。その名の通り、1m程の高さの(柳の枝のように)細い茎の先に、花径5mm程度の小さな花を密に咲かせます。

Aug/3/2014

「サルスベリ【猿滑り, 百日紅, 紫薇花】」です。花びらの縁がフリルのようで、可愛らしいですね。ピンク・白・紫などの種もあります。「木登りの上手な猿も滑る」という名の通り、樹肌はつるつるしています。

Jul/20/2014

「ノボロギク【野襤褸菊】」です。咲き始めのように見えますが、これ以上は開きません。小さな花で、草丈も20cm程度でしょうか。黄色と緑色が美しく、良く目立ちます。それにしても、「ボロ」とは可哀相な名前ですね。

Jul/13/2014

近くの遊歩道を流れる水路に、「ブライダルベール【bridalveil】」が咲いていました。ツユクサ科特有の三弁花です。「結婚式の際に花嫁が纏うベール」にちなむ名です。1cmに満たない小さな花ですが、その名の通り、愛おしいほど美しい純白です。

Jul/6/2014

近くの公園で、「トウネズミモチ【唐鼠黐】」が咲いていました。薄黄色の小さな花で、高木なので、なかなか花の形を確認するのは難しいのですが、四弁花です。晩夏から秋にかけて沢山の実を付けます。初めは薄緑ですが、晩秋になると濃い紫あるいは黒色に熟します。

Jun/22/2014

鉢植えで買った、「アルストロメリア【Alstroemeria】」。地植えして3年、溢れんばかりに咲きました。赤やピンクなど、花色も豊富です。英名を「lily of the incas」といい、「インカの百合」とも呼ばれ、南米が原産です。写真は園芸種で、原種は花びらが、もう少しほっそりしています。

Jun/8/2014

今回は「ナス【茄子】」です。紫色の花です。夏には美味しい実が収穫できるでしょう。

Jun/1/2014

近くの菜園で「ジャガイモ【ジャガ芋】」の花が咲いていました。花の色は白・ピンク・紫などがあり、品種によって違うようです。今咲いているジャガイモは、一カ月程で収穫期を迎えます。楽しみですね。

May/25/2014

「ブタナ【豚菜】」が咲いています。花が「タンポポ【蒲公英】」に似ている所から、「タンポポモドキ【蒲公英擬】」という別名を持ちます。タンポポの茎は、太めで細毛がありますが、ブタナの茎は、無毛で長く、ひょろひょろとした感じがします。

May/18/2014

「モッコウバラ【木香薔薇】」が満開です。クリーム色の優しい花色で、葉も緑が濃くなく、美しいですね。白花種もあります。一重咲きもあるそうなのですが、残念なことに未見です。ツル性のバラですが刺(とげ)はなく、扱いやすいのですが伸びが速い、とお隣の方がおっしゃっていました。

Apr/27/2014

「ハルジオン【春紫苑, 春紫菀】」が咲いています。花の色は白からピンクです。間もなく、良く似た「ヒメジョオン【姫女苑, 姫女菀】」も咲き始めます。全体の印象が良く似ている上に、咲く季節が重なることから、区別が難しいことで良く知られていますが、葉腋(ようえき、葉のつけ根)を見れば区別できますので、是非お試しください。「ハルジオンの葉腋」「ヒメジョオンの葉腋」です。蛇足ですが、「ハルジオン」は「紫苑」で、「ジョオン」とは呼びません。一方「ヒメジョオン」は「女苑」で、「ジオン」とは呼びません。

Apr/20/2014

「ボタン【牡丹】」が咲き始めました。「百花の中の王」の意味から「カオウ【花王】」とも呼ばれ、大輪で豪華な感じのする花です。似た花に「シャクヤク【芍薬】」があります。どちらも同じボタン科ボタン属ですが、「ボタン」は木本、「シャクヤク」は草本です。

Apr/13/2014

「ジンチョウゲ【沈丁花】」です。甘い感じの良い香りがします。離れていても鼻に届くほどですよ。肉厚の可愛らしい花です。

Mar/30/2014

「スイセン 'ティタティト' 【水仙, 'ティタティト'】」です。二色の黄色が、何とも素晴らしいですね。「Tête-à-tête」はフランス語で、「ひそひそ話」「二人だけの内緒話」などを意味する言葉で、うつむき加減に口を細めて咲く姿は、なるほど、ですね。

Mar/23/2014

「オオイヌノフグリ【大犬の陰嚢】」です。青色の可愛らしい花です。「イヌノフグリ【犬の陰嚢】」に似ていて少し大きいことから名付けられました。が、それにしても、「フグリ」とは、可哀相な名前ですね。

Mar/16/2014

「アセビ【馬酔木】」の花が咲いていました。「スズラン」のような可愛らしい花ですが、花も葉も枝も有毒で、「馬」がこれを食べると痺れて「酔」ったようにふらつく「木」、ということから「馬酔木」という字が当てられています。

Feb/23/2014

「オウバイ【黄梅】」の花が咲き始めました。冬の終わりから春先にかけて暖かそうな黄色の花を咲かせます。ふと、寒さも和らぎますね。「ウメ」の名が付きますが、バラ科の「梅」とは違って、モクセイ科に属します。花が「ウメ」に似ていることからの名のようです。

Feb/2/2014

「ビワ【枇杷】」の花です。花は五弁の白色ですが、萼が茶色で、遠くからはクリーム色や茶色っぽく見えます。収穫は春の終わり頃から初夏にかけてです。楽しみですね。

Jan/18/2014

近くの公園で「オトメツバキ【乙女椿】」が咲いていました。見事な程に端正な形で、心温まる美しい色の花です。年末頃から咲き始めます。

Jan/12/2014

庭の「ソシンロウバイ【素心蝋梅】」が咲き始めています(妻が好きだった黄色の花が咲くものを、と選び植えたものです)。寒さが厳しい季節に、暖かな色合いの花を咲かせます。「ロウバイ【蝋梅」は花びらの中央部分が暗褐色ですが、「ソシンロウバイ」は花全体が黄色です。そのために「ソシン」の名が付きました。「ロウバイ」は「蝋細工のような感じのするウメに似た花」の意味です。



総合目次のページ 表紙を飾った花を一覧にしました 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です