総合目次のページ 家康の性格を下敷きに「関ケ原合戦」を考えてみます 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
家康の関ケ原】 [関ケ原合戦関係略年譜] 「慶長3年」


西軍
慶長3年
東軍

豊臣秀吉、伏見城で逝去(62歳)。子秀頼が後を継ぐ。

8月18日
辛未
1598年
9月18日

 


徳川家康・前田利家、朝鮮に使者を送り、講和を急ぎ、帰国するよう命じる。また、毛利秀元・浅野長政・三成を博多に送り、朝鮮派遣軍の撤収諸業務に当たらせる。

8月25日
戊寅
1598年
9月25日

 


徳川家康・前田利家ら、豊臣秀頼に忠誠を誓う。

五大老、五奉行と秀頼に忠誠を尽くす旨の誓書を交わす。

9月3日
丙戌
1598年
10月3日

 


上杉景勝、豊臣秀吉の訃報の知らせを受け、会津より伏見に来たり、秀頼に謁する。

10月26日
戊寅
1598年
11月24日

 


朝鮮派遣軍の撤収が始まる。

11月

 


島津義弘が博多に到着して、朝鮮派遣軍全軍の撤収が終了する。

12月10日
辛酉
1599年
1月6日

 



総合目次のページ 家康の性格を下敷きに「関ケ原合戦」を考えてみます 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です