総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [3 白煙]

3 白煙

 それから、僅かな空白の時間があって、二台の車が動き出したのは、殆ど同時だった。白が憑かれたように後走し始めると、赤はそれに遅れまいとして白煙を吐き出した。それまで静かだった道に、音が戻って来た。

 車から一番に降りたのは、助手席に乗っていた黄色い服を着た女だった。

 男は母の両腕を取った。しかし、母はそれを拒否するかのように動かなかった。

 赤い車の二人が手を貸して、母を白い車の後部座席に運び入れると、三人は無言の儘それぞれの車に戻った。再び白い車は勢い良く走り出した。赤い車だけが、そこに残った。

 僅かの時間だった。

 ねえ、どうしよう?
 何が?
 助かると思う?
 判らない。・・・それにしても、重かったな。
 そうね。
 どうする?
 手が震えてる。
 手だけじゃないんだよ。
 病院まで行ってみようよ。
 病院?・・・何故?
 だって、心配よ。
 関係ないね。
 あの男、知ってる?
 ああ、良く知ってるよ。・・・尤も、あの慌てようじゃ、向こうは気付かなかったろうけど、・・・。

 行ってみよう、ね?
 そうだなぁ。
 ねえ、・・・。
 分かった。行こう。
 追い付くかな?・・・もう見えないね。
 大丈夫。任せてくれよ。・・・すぐに追い付くさ。
 そうでなくちゃ。

-Aug/21/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です