総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [4 街中]

4 街中

 あいつ、・・・。
 何?
 何んでもないよ。
 そう。・・・あまり無茶しないで。
 この車は、伊達に赤い訳じゃない。
 結構やるわね。・・・もうちょっと、違うかと思ってた。
 何が?・・・どう違うんだって?
 もうちょっと軽いのかなって、思ってたんだけど、違うみたい。
 軽い、軽い。何しろ、高卒だからな。
 僻んでるの?
 舌を噛むなよ。

 見えないね。
 あの信号を越せば見えるだろう。後は、そう飛ばせない筈だ。
 そうね。
 相当、慌ててるな。・・・当り前だろうけど、・・・。
 あれが自分だったらと思うと、ぞっとするね。
 そうだな。・・・ほら、あれだ!
 怪我人を乗せているのに、大丈夫かしら?
 向こうが幾ら飛ばしたって、追い付くのは時間の問題さ。
 そろそろ街中なんだから、気を付けて。
 分かってる。

 でも、何処へ行く心算なんだろうね。
 さあ、・・・何処だろうな。
 何か変じゃない?
 何が?
 曲がりそうよ。・・・大丈夫かな?・・・車に載せた時、全然動かなかったもんね。
 そうだな。・・・死んでたかも、ね。
 まさか、嫌だ。
 曲がったよ、あいつ。
 ね、変でしょう?
 変だな。
 どうしよう。

-Aug/21/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です