総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [5 殺人]

5 殺人

 まさか、・・・。
 何?
 家に、戻る心算だ。・・・怪我人を乗せた儘だよ、冗談じゃないぞ。
 そういえば、そうだわね。何んだか怖くなっちゃった。

 ・・・まずいな。・・・まずいよ、まずいよ、・・・。
 何?
 いや、・・・。
 警察へ連絡した方が良いんじゃない?
 ちょっと、待ってくれよ。
 変な人ね。

 ねえ、頼みがあるんだけど、良い?・・・断わらない、って云う約束付きでさ。
 どんなこと?
 断わらないって約束してくれないかな、先に。
 はっきり言いなさいよ、男でしょう?
 このことは、・・・見たこととか、喋ったこととか、・・・此処に俺と一緒にいたってこととか、全部忘れて欲しいんだよ。
 どうして?・・・あの女、死んだら、これは、殺人じゃない。
 分かってるよ!
 それじゃ、どうして?

 この車、・・・欲しかったら遣るよ。
 車と、どう云う関係があるの?・・・やっと手に入れた車なんでしょう?
 欲しいんだろう?
 冗談に決ってるじゃないの。・・・急に、どうしたの?
 どうもしないさ。
 だって、理由がないじゃない?
 ・・・。
 訳を、・・・聞かせて貰えない、よね?
 やっぱり、・・・戻るよ。

 どうしてなの?
 どうもしないよ。
 何んだか良く解らないけど、分かったわ、約束する。・・・だけど、車はいらない。又乗せてくれるんならね。
 さあ、それは、どうかな。

-Aug/21/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です