総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [11 騒動]

11 騒動

 翌朝、会社に着いたのは、何時もより、かなり早い時間だった。

 山のような書類を眺めながら、陽が机を去るまでには片付けたい、と考えていた。

 大半の書類は処分された。残ったものは、印鑑が必要なもの、ファイルしておく必要のあるもの、回覧されるものに分類され、印鑑を必要としているものには印鑑が押され、更に、ファイルされるものはファイル毎に、回付・回覧されるものは行き先毎に、それぞれ別の封筒に入れられ、メモが付けられた。それでも片付け切れない書類があった。それ等は、抽出しの中で役目を終えることになった。

 僅か一日の休暇のために、何と云う騒動だろうか、・・・。

 封筒を机の上に並べながら、受話器を取った。これで、済んだ。

 昨日は、連絡もできずに悪かったね。急な出張で、帰れなかったよ。
 そうだったの。・・・家の方には連絡した?
 いや、戻ったのは、もう、連絡できるような時間じゃなかったんでね。・・・でも、これから急いで列車に乗るよ。午には着けるだろうから、先に話を済ませよう。
 そんなことは後回しでも構わないから、それよりも、・・・早く、電話を入れてみて。
 ・・・どうして?・・・何故?
 はっきりしたことは分からないけど、・・・とにかく、そうして、・・・。わたしの方は、後でも良いんだから、・・・。
 何を言ってるんだか、さっぱり分からないよ。
 そうでしょうね。
 何かあったのか?
 、良く分からないの。・・・でも、これだけは分かっている。・・・今のあなたは、のんびりと電話でお喋りをしている場合じゃないってこと、・・・。

-Aug/27/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です