総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [12 混雑]

12 混雑

 何をしてるの!・・・帰って来るんじゃなかったの!
 今、やっと片付けが終ったところなんだよ。これから出るけど、何か、あったんだね?
 会社へも、部屋にも、・・・何度も、電話したのよ!
 どうしたの?
 昨日、お母さんが、・・・車に跳ねられて、・・・、病院へ、・・・!
 跳ねられた?・・・お母さんが?
 そうよ。急いで、帰って来て。・・・さあ、早く電話を切って!
 分かったよ。でも、その前に、もう少し事情を説明してよ。
 早く、・・・!
 落ち着いて、ね?・・・さあ、お母さんが、どうしたって?
 どうして、・・・いてくれないのよ!・・・肝心な時に、何故・・・。
 ねえ、聞こえない。
 ・・・・・。
 急いで帰るよ。着いたら、すぐに連絡する。・・・分かったね?

 姉は、なかなか受話器を置かなかった。何も言えなくなった姉が、頻りに暗示しようとしていることを、次々に想像してみた。結果は、どれも惨憺たるものだった。

 急がなければならない、・・・。

 椅子を蹴り、階段を降り、会社を出、出社する社員と擦れ違うたびに曖昧な挨拶を繰り返しながら、駅までの道を駈け続けた。駅は、既に、朝の混雑が始まっていた。

 改札口の人混みの中で、身体よりも遥か先を歩いている自分が居ることに気付いた。しかし、近付こうとする努力は無駄なようだった。人は途切れなかった。そして、次第に距離が開き、ついには階段の途中で消えたかのように見えなくなった。

 何処へ行ったのだろうか、何処へ行こうとしていたのだろうか、・・・。

-Aug/27/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です