総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [14 駅舎]

14 駅舎

 やっと見覚えのある駅に着いた。既に、陽は天空近くにあった。暑かった。

 駅舎の前に並んでいる電話のどれもが塞がっていた。それは、身体の中にあった不安を音もなく膨ませ始めた。

 何かがあった、・・・!

 埃っぽい駅前の広場を横切って、叔父の店に入った。しかし、叔父は不在だった。代わって長男が店に出ていた。改装したばかりの店は、明るく涼しかった。

 今の列車ですか?
 そう。列車は疲れる。
 昨日戻る予定じゃなかったんですか?
 良い加減にしてくれよ。たった半日遅れただけだ。
 済みません。どうぞ、使って下さい。
 いや、・・・先に、会いたいんだ。何処の病院だって?
 でも、連絡する位は、・・・。

 車を借りたい。
 構いませんが、・・・。それじゃ、送りますよ。
 ありがとう。・・・どう云うことなのか、経緯が良く分からないんだよ。
 昨日の午過ぎ、叔母さんが交通事故に会って、・・・。それはご存知ですよね?
 いや。・・・それで?・・・その先は?
 相手と云うのが、親父さんの、秘書の・・・。
 親父さんの秘書?
 そうですよ。・・・さあ、後は、車の中で、・・・。
 それで、どうしたんだ?
 とにかく、行きましょう。

-Aug/27/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です