総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [15 病院]

15 病院

 病院では、結局、母にも、担当した医者にも、直接会うことはできなかった。何人かの看護婦の話から、左に伸びる廊下の突き当りの部屋に医師と母がいること、朝から始まった診察が今も続いていること、そして、今は誰もそこに近付くことはできないこと、姉は暫く前に、叔父は少し前に帰ったこと、それだけしか分からなかった。後は、殆ど要領を得ない話を聞いただけで、引き下がる外はなかった。

 病院を出た。陽に晒された儘だった車からは、閉じ込められていた熱気が堰を切ったように吹き出してきた。

 家の方には、わたしが連絡しておきますよ。
 いや、まだだ。
 えっ?・・・店に一度、戻ります。長い間留守にできないもんですから、・・・。
 ありがとう。
 車、使いますか?
 そうだね、歩くよりは早いだろうな。
 大変なことでしたね。

 奥さんは、変わりない?
 えっ?・・・ええ、相変わらずですね。
 もう、随分、会ってない。
 正月に会っている筈ですよ。
 そうだったかな?
 もうすぐ、二人目が生まれるって、・・・その話、しましたよね。
 そう云えば、・・・。
 今じゃ、一目で分かりますよ。
 男の子?
 しっかりして下さい。これから生まれるんですよ。
 そうだったね。

 店の前に止めますから、・・・。
 電話を、借りたい。
 構いませんが、・・・家の方へなら、連絡しますよ。少しでも早い方が、・・・。
 いや、家じゃないんだ。

-Aug/27/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です