総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [16 電話]

16 電話

 今、病院へ行って来た。
 助かるんでしょう?

 知ってたのか?
 詳しいことは知らないけど、大体のことは、・・・。
 何故、教えてくれなかったんだ!
 怒鳴らないで。・・・一体、どうしたの?
 それが知りたいんだよ。
 落ち着いて、・・・。今、何処から電話してるの?
 そんなことは、どうでも良いだろう。
 まだ、帰ってないんでしょう?・・・そうでしょう?・・・何をしてるの?
 よけいなお世話だ!
 良く聞いて。・・・そこからなら、あなたの家はすぐなのよ。わたしの方は後でも良いんだから、まず、家に帰って、・・・。

 悪かったよ。・・・只、家に着く前に、・・・。
 ねえ、早くしてあげて。・・・待ってるのよ、あなたを。皆、づっと、あなたの帰りを待っているのよ。
 知ってることは、全部、教えてくれないか。
 交通事故だってことは知ってるんでしょう?
 ああ。
 相手が誰かも?
 聞いた。
 それだけよ。
 何故、・・・。
 それ以上のことを、どうしてわたしが知ってると思うの?・・・聞く相手が違うわ。
 そうだね。・・・只、一度に全てを聞かされるのが、怖いんだよ。・・・その前に、少しでも、知っておきたかった。
 お父さんも、事情を全く知らない訳じゃないわ。良く説明しておくから、ね。・・・委せて、・・・。だから安心して、・・・。
 分かった。謝るよ。
 良いのよ。・・・あなたの気持ちも解るような気がするわ。場合が場合ですものね。でも、しっかりして、・・・。話は落ち着いてからでもできるんだから、・・・。
 ありがとう。そうしよう。

-Aug/31/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です