総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [17 実体]

17 実体

 玄関には、幾つかの荷物が並んでいた。

 姉は、じっと、睨み付けるばかりで、何も言わなかった。父も兄も不在だった。

 何故、こんなことになったのだろうか、・・・こんな筈ではなかったのだ、・・・今日は、別の目的で帰って来る心算だった。そして、今此処にはないものが、ある筈だった。

 それまで実体のなかった様々な出来事が、無造作に置かれた荷物や姉の様子から、急に重みを持って迫って来た。しかし、それに耐えることができるかどうかと云う思慮の外で、耐えようとすること自体を、身体は拒否しようとしていた。

 これまでに経験したことのない程の苛酷な夏の始まりが、そこにあった。

 病院へ行って来たよ。
 そう、・・・。
 お父さんは?
 ・・・・・。
 そんなに怒るなよ。謝っているだろう?・・・昨日は、帰りが遅くて部屋にも戻れなかったんだ。・・・これでも、精一杯急いで帰って来たんだから。
 そこに座って。
 ・・・それで、どうしたんだって?
 あなたは、お父さんが帰るまで待って。良いわね?

 お父さんは?
 本家、・・・。難しい相談なんでしょう。
 相談?・・・こんな時に?
 知らないわよ。・・・もう良いから、何も聞かないで。
 お母さんのことなんだね?
 後にして頂戴。
 何処へ出掛けるの?

 病院よ。当り前でしょう!
 行っても無駄だよ。暫くは、面会できないらしいから、・・・。
 今頃になって、のんびり駆け付けて来るようなあなたに、何が解るって云うの!
 そう怒らないでよ。・・・ねえ、始めから、順を追って、聞かせてくれないかな。
 お父さんに聞いて。
 知らなくても構わない程度のことなんだね? お母さんは、・・・大丈夫なんだね?
 ・・・・・。
 どうして応えてくれないんだ。
 まだ、分からないのよ。
 何が?
 お母さんは、・・・・・!

-Aug/31/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です