総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [21 煙草]

21 煙草

 ところで、話がどうなったか聞いてるか?
 えっ?
 口外しないように言われているんなら、無理にとは言わんよ。
 どう云うことか、良く分かりませんが?
 そうか、聞いてないか。
 ええ。
 どの程度のことを知ってるんだ?
 殆ど何も、・・・。事故の状況と、母が入院してること、重体だと云うこと、父が本家へ行っていたこと、今警察へ行っていること、・・・それだけです。
 そうか。院長の説明があるまで、まだ少し時間があるな。奥で話そう。・・・お前も、少しは知っておいた方が良いだろうからな。・・・只、此処だけの話にしといてくれよ。詳しい話をしてないってことは、或いは、何か考えがあってのことかもしれんからな。
 それは構いませんが、どんなことですか?
 まあ、座れ。・・・煙草は?
 持ってます。

 昨日の午過ぎ、用事があって、祭の打ち合せでな、警察署長に会ってたんだが、話の途中で電話が入った。署長は電話に向かって、しきりに禿頭を下げてたよ。頭の下げ具合いを見れば、改めて聞かなくても、相手が誰かはすぐに見当が付くんだ。・・・しかし、今思えば残念なことをしたよ。どんな話か、何んとしても聞いておくべきだった。・・・只、その時は、事故が起きたことさえ知らなかったから、何しろ、話を早く済ませることしか頭になくてな。・・・ところが、帰ってみると大騒ぎだ。
 事故のことを、連絡したんでしょうね。
 それだけじゃないだろうよ。・・・秋には、市議会議員の選挙があるんだ。いよいよ、今回は長男が立つ。そう云えば、お前の一年上だったな?
 そうですが、もう少し修行した方が良いと思いますね。
 ところが親父は、二年後の選挙が最後の心算だ。その後を継ぐためには、実績が必要だと云う訳でね。・・・商売は、せいぜい半年か一年先を見通せれば立派なもんだが、政治家はそれじゃ務まらないらしい。
 その話は聞いていました。
 そんな時に、例えそれが秘書であっても、何かにつけて事故はまずいんだよ。・・・さあ、お前だったらどうする?
 さあ、どうしましょう。・・・見当も付きませんね。
 まず、警察と新聞社を抑える。これは難しいことじゃない。手元に電話があれば、それだけで済む。署長への電話はそれだよ、多分な。さて、これで二つは片付いた。・・・残った問題は、お前の親父だ。これが、なかなかの頑固者だから、かなり頭を絞ったろうな。その結果が、將を射るためにはまず馬と云うことだ。
 それで、本家へ、・・・?
 そうだ。
 どうして、・・・!

-Sep/7/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です