総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [33 磊落]

33 磊落

 叔母は、降りて来た。

 さあ、もう良いわ。少し休みなさい。
 でも、・・・。
 そんなことじゃ、先が続かないわよ。
 良いんです。
 姉さんは、あなたが倒れはしまいか、心配してるわ、きっと。
 ・・・・・。
 そうしていては、姉さんも落ち着かないわよ。もう、安心させてあげてよ、ね?
 ええ。

 姉が部屋を出て襖を閉めると、叔母は静かに母と話を始めた。何時もは陽気な叔母だったが、さすがに疲れている様子だった。

 仲の良い二人だった。喜怒哀楽の差が殆どと云って良い程なかった母は、取分け磊落な叔母の性格が気に入っていたし、幾らか楽天的に過ぎる叔母は、何時でもどんな話でも静かに耳を傾けてくれる母が好ましかった。しかし、お互いが必要としている片方はもういない、と云うことに気付かなければならない程の時間が過ぎた。

 最初の夜は終わった。しかし、もう一日が残っていた。

 それは今までの数日間よりも、遥かに長い一日になる筈だった。

-Sep/21/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です