総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [37 校門]

37 校門

 翌朝、眼を醒ますと、既に片付けは始まっていた。膳や座布団が積み上げられていた。昨日、この前に或いはこの上に座っていた人達は、もういない、・・・誰も、腹に収められるものは全て収めた、そして、此処には、行き所なく淀んでいる酒の匂いだけが残った。

 会社に電話を入れた。休暇を延長しなければならなかった。型通りの挨拶の後、そのための段取りに半時間程を費やして、やっと三日の休暇が認められた。

 片付けが終わったのは午近くだった。兄は借りていた什器を返しに、父は本家へ挨拶に出掛けた。

 伯母を送って街に出た。列車に乗せた後で、久し振りに歩いてみる心算だった。

 駐車場がなかなか見つからなかった。いよいよ叔父の店に戻ろうとした時、急に学校へ寄ってみることを思い付いた。

 校門を入ると、そこからは見えない校庭の方から賑やかな歓声が聞こえて来た。周りを厚い緑が取り囲む、そこは街の中にあって、別世界だった。車を駐めて玄関を入ると、右側に以前の儘の小さな窓が、その左には大きな鏡と、そして、時代がかった大きな振子時計が並んでいた。覗き込むように来意を告げると、すぐに、嘗つて同級だった、今は此処で数学を教えている教師が顔を出した。

 久し振り。
 あまり変わらないな。・・・ほっとするね。
 そうでもないよ。俺達の頃のように、一つの学年に六つも七つものクラスと云うことはないんだ。一クラスの人数も減ったし、それでも空いている教室がある。・・・外は変わらないが、中は変わったよ。
 そうだろう。もう、・・・十五年だからな。
 計算は間違えないでくれよ。此処まで来ると、一年二年の差は大きいんだから、・・・。それはそうと、昨日は授業があって行けなくてね、申し訳ない。
 気にしてないよ。
 それにしても、・・・。
 驚いたね。まだ、実感がない。
 そうだろうな。こんな場合、どう言ったら良いか、見当も付かないんで困るよ。
 悪かった。
 いや、そう云う意味じゃないんだ。
 解ってるさ。
 もう、授業だ。
 車を駐めて置きたいんだが、構わないか?
 良いよ。
 少し、ぶらついて来る。
 何時までいられる?
 二三日かな。
 一度、飲みたいな。
 今回は、無理だろう。
 夏休みには帰って来るんだろうな?
 勿論。
 その時は、是非、時間を作ってくれよ。
 そうしよう。
 此処へ来て初めて送り出した卒業生の同窓会が、この夏にあるんだ。久し振りに友達とも飲めるし、良い夏になりそうだよ。

-Oct/4/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です