総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [42 食欲]

42 食欲

夏場で、幾らか仕事の薄い時期だとは云っても、二人分をこなすのは骨の折れることだった。それでも、大過なく二日間が過ぎた。その日、引き継ぎ事項をメモに残し、誰もいなくなった会社を出た。

 様子はどう?
 まあまあ、かな?
 それは良かった。
 今何処から?・・・まだ会社なの?
 今、出たところだ。
 食事は?
 これからだよ。
 良かった。わたしも、まだなの。
 こんな時間まで何も食べないのは、良いことじゃないぞ。
 昨日から、あまり食欲がないんだもの。この暑さだし、それに、一人じゃね。
 こう云う時だからこそ、気を付けなくちゃね。
 夕方から、こうなる予感がしていたの。これからすぐに仕度をするわ。・・・あなたって、来て欲しいと思っている時には、必ず来てくれるのね。
 店に寄って、お父さんに許可を貰ったら、すぐに行くよ。
 いや。・・・すぐに来て。
 そうはいかないよ。
 じゃ、お父さんには、わたしが電話する。だから、・・・。
 分った。此処からすぐに電話をするよ。
 だめ。わたしがするの。
 どうして?
 どうしてもよ。来れなくなったなんて、そんな返事を聞きたくないんだもの。
 どっちが電話をしても、お父さんの返事は同じだよ。
 違うわ。・・・急いでね。遅い食事は、美容の大敵なんだから。そうでしょう?

-Oct/11/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です