総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [45 帳場]

45 帳場

 初めまして。無理を聞いて戴いて、ありがとう。
 いいえ、退屈していたところでしたから、却って、感謝したい程です。
 でも、中年が相手ですから、あまり期待しない方が良いかもしれませんね。
 まだ中年には早いだろう。せめて、壮年とは言って欲しいな。
 そうよね。先生、まだ若いわよね。
 この年で「若い」と言って貰えるのは嬉しいだろう?
 そのせいで、生徒に舐められることもあるよ。
 そんなことないよ。わたしは数学が嫌いだったけど、良い先生だなって思ってたもの。
 ありがとう。お世辞だと分かっていても嬉しいよ。でも、もう点数を上げてやることもできんな。
 そうか、その手があったんだ。・・・失敗したな。もっと早く気が付いていれば、苦労しなくても済んだんだ。
 後の祭だな。
 妹に教えておこう。
 英米文学を専攻してるんですってね?
 ええ。
 誰が好きですか?
 今は只、いろんなものを読んでみたいと思ってるんです。
 そうだな。まだ一年なんだから、たくさん読んで、それから決めれば良いさ。この男もね、学生の時は読書家だったんだよ。
 今でもね。・・・ブロンテは知ってますか?
 ええ。イギリスの作家でしょう?
 そう。幾つか資料があるんです。イギリスのヨークシャにブロンテ協会と云うのがあって、そこの年次会報も何冊か揃ってますから、興味があればお貸ししますよ。大分前のものですが。
 本当ですか?・・・すぐにでも、お願いできるんですか?
 良いですよ。後で送りましょう。
 嬉しい。ありがとうございます。

 失礼します。・・・電話が入っておりますので、帳場までお越し戴きたいんですが、・・・。
 此処へ回して戴く訳にはいきませんか?
 ええ。
 そうですか。・・・ちょっと、失礼しますよ。

-Oct/11/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です