総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [48 約束]

48 約束

 驚いたね。
 これから、その友達に連絡を取って戴けませんか?
 どうしてですか?
 一緒に警察へ行って、今の話を、もう一度して欲しいからです。
 これからですか?
 必要があれば、先生が付いて行ってくれますよ、きっと。
 何故、そこまでするんです?
 あなたの話が事実なら、警察は大きな間違いを犯したことになるんです。
 でも、もう済んだことなんでしょう?
 そうだったかもしれませんが、そうでなかったことが、今、分かったんですよ。
 困るな。だって、約束、破っちゃったものね。もうこれ以上、迷惑掛けられない。
 大丈夫、・・・きっと分かってくれるよ。
 そうかな。
 電話を、して戴けますね?
 話してみますけど、・・・きっと無理だと思うな。
 この電話を使って下さい。

 警察は、この話を信用するだろうか。
 無理だろうね。普通の事件なら、腰を上げるだろうが、これは握り潰される。
 それでも行かせるのか?
 警察が動き出せば、それに越したことはない。だが、動かなくても、調書にならなくても、警察が事実を知ると云うことが重要なんだよ。・・・いづれにしても、向こうの耳には入る。その時の反応を見たい。何の反応もなければ、許す訳にはいかない。
 それは解るが、・・・只、あの子達は、こうなることを自ら望んだ訳じゃない。
 そうだね。・・・誰にとっても、望んだ結果じゃない。
 どうしても必要だと云うならともかく、行っても無駄になるかもしれないんだよ。
 確かに、可能性は低いと思う。だが、全くない訳じゃない。
 あの子達は、そのことのために悩むだろうな。・・・それを考えると、残酷な頼みだと云う気がするね。

-Oct/18/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です