総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [59 矛盾]

59 矛盾

 時計の助けを借りずに目を醒ますことのできた朝は、例外なく、朝刊を読める程の余裕があった。その日も、確かに、出勤の仕度を始めるまでにはまだ充分な時間があった。只、何時もとは違って、新聞を手にすることも、朝食を摂ることも、シャワーを浴びることもしなかった。

 鉛を詰め込んだような頭の中には、夢の跡が残っていた。しかも、それは、何の矛盾も欠落もない、事実そのものであるかのように生々しいものだった。

 どうしたんですか!
 人を、・・・撥ねた。
 えっ!
 どうしたの?
 急いで、先生を呼んで下さい!
 どうしたの!
 事故を起こしたらしくて、・・・。
 まさか、そんな、・・・。
 先生を、・・・。

 何事だ!
 人を、・・・撥ねたそうです。
 えっ、・・・!
 あなた!
 しっかりして下さい。・・・大丈夫ですか?・・・此処へ、・・・座って、・・・。
 どうした!
 お父さん、・・・!
 どうしたんだ!・・・黙っていたんじゃ、何も分からんだろう!
 実は、・・・。

 困ったことをしてくれたな。・・・どうしたら良い?
 取り敢えず、・・・警察へは、連絡をした方が、・・・。
 警察?・・・秋には、選挙があるんだぞ。何を連絡するんだ!・・・人を轢いた?・・・馬鹿なことを言うんじゃない!・・・そんなことをしてみろ、一体、どうなる?
 しかし、・・・この儘では、・・・。
 何かある。・・・待て。・・・何か、方法はある。
 取り敢えずは、怪我人を運ばないと、・・・大変なことになるかもしれませんよ。
 それもそうだな。・・・それじゃ、すぐに病院へ行ってくれ。
 わたしが、ですか?
 そうだ。・・・こんな状態じゃ、こいつを行かす訳にはいかんだろう。
 しかし、それじゃ、わたしが、・・・。
 それ以外に、何か方法があるのか?
 状況を聞かれても、説明ができませんよ。
 今、聞いた程度のことを話しておけば良いんだ。後のことは、帰ってから打ち合わせれば良いだろう。・・・詰まらんことを話すなよ。
 分かりました。
 とにかく、病院の方が済んだら、一度、帰って来い。・・・それからだ。

-Nov/2/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です