総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [61 薮蛇]

61 薮蛇

 二日?・・・どうして二日なんです?
 とにかく、二日しかないんだ。
 しかし、そんなことを条件に持ち出せば、薮蛇になるかもしれませんよ。
 それが限界だ。そこでだ、・・・予定地を、今よりも南へずらす。
 まさか、・・・やっと折り合いが着いたんですよ。それを今更、変えられませんよ。
 何とでも言い訳はできるだろう。
 南側は、確か、・・・。
 そうだ。
 成程、・・・。しかし、それで「うん」と言いますかね。あの気性ですよ。
 根回しが済み次第、記事にする。・・・後は、向こうがやってくれるさ。
 余程、慎重にやらないと、・・・。
 分かってる。・・・さて、そろそろ、署長に会いに行ってくれ。話はしてある。病院で話した程度で良いんだ。それ以上のことは、何を聞かれても答えなくて良い。
 院長の話では、恐らく、助からないだろうと云うことでしたよ。
 分かっている。心配するな。明日までは持たせてくれる。
 それじゃ、・・・。
 そうだ。
 そう云うことですか。・・・院長がそう言ったんですね?
 頼み込んだ。
 頼んだ?
 悪いようにはしない。此処は黙って引き受けてくれ。・・・頼む。
 まさか、冗談じゃありませんよ。・・・幾ら署長が噛んでも、無罪放免と云う訳にはいきませんよ。
 それを、承知の上で頼んでるんだ。・・・どんなことでもする。
 しかし、・・・。
 今度の選挙は、落とす訳にいかんのだ!
 怪我程度の事故なら何んとか手もあるでしょうが、今度の場合は、死亡事故なんですよ。幾ら先生の頼みでも、そんなことは、・・・。
 まだ、死んだ訳じゃない。
 この期に及んで、そんな気休めが通じると思っているんですか!
 その前に、話は着ける。お前のこともだ。
 心配してるのは、その後のことですよ。
 できるだけのことはすると言ってるんだ!

 悪かった。・・・しかし、外に頼れる者はいないんだ。・・・頼む。
 分かりました。此処まで来たら、皿まで喰わなくちゃならんと云う訳ですね。

-Nov/8/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です