総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [63 控訴]

63 控訴

 すぐにでもあの時の約束を守って欲しい。
 できればそうしたいよ。
 何故できないの?・・・あなたが決断すれば、それで済むことでしょう?
 今、どんな球が返ってくるかを待ってるんだよ。それまで、此処を離れる訳にはいかないんだ。・・・勿論、何時までも待つ訳じゃない。一年、いや、あと半年だ。
 分かったわ。でも、・・・一年って、「もうすぐ」じゃないわよ。
 もう、半分近くは過ぎた。
 一年経って、もし、・・・何もなかったら、どうする心算なの?
 償いを、・・・して貰おうと思う。
 償い?
 そんなことを知る必要はない。
 でも、判決は下りたし、控訴もせずに服役してるわ。それに、・・・運動場用地のことも専らの噂よ。・・・それ以上、何を望めるって云うの?
 そうだね。・・・でも、それじゃ不満なんだよ。・・・控訴しなかったのは、何よりも、裁判が長引くことを恐れていたからだ。裁判所の判断がもっと厳しいものだったとしても、控訴するようなことはなかっただろうさ。只ひたすら早く終わらせることだけを考えていたからだ。・・・本人にすれば、不満も不安もあっただろうね。だが、それでもしなかった。・・・彼に野心とか柵がなければ、或いは、そうしたかもしれない。でも、できなかった。彼にそれを期待するのは、酷なことだよ。
 何が言いたいの?
 控えていた選挙の方が、遥かに重要なことだった。だから、それに及ぼす影響を最小限に抑えたかった。その方針があるだけだった。そのために支払わなければならないものが、どんなものであつても、そんなことは些細なことだ。
 でも、自分の選挙ならとにかく、他人のために一生を棒に振ることになるのよ。
 そうだよ。
 どうして?
 長い間、魑魅魍魎の住む世界にいた人間の発想を理解するのは、なかなか難しい。・・・彼は、充分過ぎる程の罰を受けた。・・・むしろ、それが不満なんだよ。彼が受けた罰は、彼が受けるべきものじゃなかったからだ。
 えっ?

-Nov/8/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です