総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [65 正月]

65 正月

 雪の少ない正月だった。

 ひっそりとしたこの家でも、年は明けた。だが、何の変化もなかった。頭の中でしきりに蠢いているものが、明かな形にならないと云う焦燥があった。そして、その儘一年が過ぎてしまうのではないかと云う予感がしていた。この儘では、又、ノートに解けない問題が残ってしまう、一旦、抽出しに入ってしまえば、二度と解くことはできなくなるだう、・・・しかし、それはできない、・・・だが、どうすれば解けるだろうか、・・・。

 どうだ?
 何が?
 少しは落ち着いたか?
 いや。

 そうだろうな。その話は、また後で聞かせてもらうよ。ところで、今日はどうする心算かと思ってね。
 何の話だ?
 校友会だよ。・・・案内状は出してある筈なんだがな。
 いや、気が付かなかった。
 そうか。出られるか?
 そんな気分じゃないよ。
 出て来いよ。どうせ暇を持て余してるんだろう?
 よけいなお世話だ。
 それはとにかく、まだ、だいぶ時間があるんだ。これから会えないか?
 良いよ。

-Nov/8/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です