総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [74 結論]

74 結論

 あなたの気持ちも解らない訳じゃないの。だから、できれば、気の済むまで幾らでも待ってあげたい、・・・でもね、・・・辛いのは、あなただけじゃないわ。
 良く解る。我儘だと云うことも良く解っている。
 お店を替えても良い?・・・ついこの間、先輩がお店を開いたの。
 いや、もう帰ろう。
 あなたって、ちっとも思い遣りがないのね。やっと会えたって云うのに、・・・。
 一年の猶予を貰って、その一年が経った。例え期待に沿えるような結論は出せなかったとしても、報告だけはしないと、・・・ね。帰ろう。
 だって、お父さん、まだよ、きっと。
 帰って来るまで待つさ。
 でも、もう少し位、良いでしょう?
 そうだね。
 どうやら、あなたの言った通りかもしれないって、お父さん。
 話したのか?
 約束は覚えてるわ。でも、わたしが話さなくても、あの事故のことは、仕事の関係で、嫌でも耳に入って来るらしいの。あなたのことも含めてね。
 どう云うこと?
 社長や専務は矛を収めたのに、長男は・・・。
 何?
 ごめんなさい。何でもないの。聞かなかったことにして、・・・。
 どんなことでも聞いておきたいんだ。
 分かったわ。でも、これだけは約束して、・・・決して怒らない、・・・。良い? 約束してくれる?
 聞いてみなければ分からない。
 怒らないでね?
 分かった。
 鼠みたいに、・・・。
 何!
 わたしが言ったんじゃないわよ。
 鼠?
 怒らないって約束したのに、・・・。
 誰だ?
 知らないわ。
 ・・・その続きは?
 鼠みたいにうろつき回ってる、って、・・・。ごめんなさい。
 そう、・・・。
 本当に、わたしじゃないのよ。信じてね?
 分かってるよ。
 本当に信じてくれる?
 鼠か、・・・。

-Dec/6/1997-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です