総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [81 大物]

81 大物

 秋の河原に降りたのは久し振りのことだった。水嵩はなかったが、幾らか冷気を含んだ風が川面を撫でながら渡ってきた。鳥や虫の歓声が賑やかだった。草いきれが、水の冷たさが心地良かった。

 橋の上を行き来する車の音も、鉄橋を渡る列車の音も、時折聞こえる草摺れの音も、此処へは遅れてやって来る、急ぐこともなく、急ぐ人もいない、・・・。釣の道具を用意して来れば良かった、・・・。

 釣れる保証はないぞ。
 別に、魚を釣りたいと云う訳じゃないんです。
 こんな格好で、魚の外に何が釣れるんだ?
 「時」です。
 ほう。・・・この年齢になるまで、川でそんなものが釣れるとは知らなかった。餌は、何が良い?
 何も要りません。
 そうか。・・・それならまず、帽子を被れ。長期戦になるだろうからな。
 実は、あまり待つ訳にはいかないんですよ。
 獲物を手に入れようとする時には、焦りが禁物だ。まずは慎重に場所を選ぶ、そして、じっくりと待つ、それが要領だな。・・・場所は此処で良いのか?
 ええ。
 よし。それなら後は当りがあるまで待つとしよう。
 自分の希望としては、釣り上げるまで、どんなことをしてでも待ちたいんです。只、一方に大事な約束があって、その時間までもう幾らもない、・・・。
 気が散っていては来るものも来ないぞ。・・・待てるまで待って、それでもだめなら、釣りの方は仕切り直しにすれば良い。それまでは無心になることだ。
 獲物は大物なんです。跳ね回って連れに危害を及ぼすかもしれません。だから、一緒になる前に、どうしても釣り上げたいんです。
 そんなことじゃ釣果は期待できんよ。腰を据えないと、獲物には逃げられる、約束の時間には間に合わない、・・・結局そう云うことになる。

-Jan/11/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です