総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [83 石畳]

83 石畳

 もう少し、暖かければ、ね。
 そうね。もう少し、・・・温かだったら、・・・。
 天気は良いし、風も無い。この季節にこれ以上を望むのは無理だろうな。
 そうよね、きっと。
 久し振りだね。
 久し振りね。・・・でも、どうして、・・・。
 何?・・・言いたいことがあれば、どんなことでも聞くよ。
 ううん。良いの。何でもない。
 そう。・・・少し歩くよ。
 少しだけにしてね。・・・ねえ、これだけは覚えておいて頂戴。女は、あなたが期待している程には歩けないものなのよ。そうでなくても、もう、随分歩いたんだから、・・・。
 これまでのことは謝るよ。そのために、今日は、此処に来た。待って、ようやく熟れた実を採りにだ。・・・何の土産もなしに帰す心算はないよ。
 美味しいのかしら?
 そうだね。一つは、間違いなく気に入って貰えるよ。
 嬉しい、・・・。
 待たせたね。
 良いのよ。その話は後にしましょう。あなたがその気なら、わたしは少しも急がない。
 懐かしい、・・・。
 そうね。
 変わらないよ。
 そうかしら。
 以前の儘だ。・・・不思議だね。・・・忘れてしまってもおかしくない程昔のこと、煉瓦造りの倉庫とか、擦り減った石畳だとか、雨の日の約束とか、・・・誰も未だに残っていることを信じないだろうものを、自分の目で確認できた時程安心することはない。
 何が言いたいのか、全然解らない。・・・どうするの?
 その質問に対する答えは、できれば後にしたいね。
 まっすぐで良いの?
 えっ?・・・ああ、そう云うことね。取り敢えず、左へ曲がろう。

-Jan/11/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です