総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [85 悟空]

85 悟空

 ねえ、腕を組んでも良い?
 良いよ。
 向こうには何があるの?
 桟橋。・・・船、・・・貨物船だろうね。
 見たい。
 大きいだけだよ。
 大きい船、見たいな。
 大きいだけで、醜悪だよ。
 だめなの?
 だめ、・・・。
 たまには、わたしの我儘を聞いてあげようって気にはならない?
 今日は我慢しよう。・・・客船が入ったら案内するよ。
 残念ね。
 思い出すことはない?
 何を?
 此処だよ。・・・前に一度来たことがある。
 この街へは、づっと前に、一度だけ来たことがあるのよね。・・・でも、良く覚えてないの。づっと思い出そうとはしてるんだけど、・・・何しろ、過ぎたことは、何時までも頭に詰め込んでおかない主義だから、・・・。
 賢明なことだ。
 潮の匂いがする。・・・以前の儘?
 いや、随分変わったね。
 そうでしょうね。・・・無理もないわ。・・・あの日も、晴れてたわよね?
 さあ、どうだったかな。
 あの船、見たことがある。・・・そうそう、思い出したわ。・・・あの日も晴れていて、とても良い天気で、そうだわ、暑い位だった。大勢で、大騒ぎして・・・。船があって、・・・あの時の船よね?・・・そうよ、あんなに大きな船だったら、何処へでも行けるんだろうな、って・・・。あの時の儘なのね!
 もう少しすれば、何処へでも行けるようになるよ。
 そうね。・・・船じゃなくて、孫悟空のように、・・・。ああ、待って、・・・。孫悟空じゃだめよね。・・・でも、せいぜい、あなたの掌の中がお似合いかな。
 成程。その話、気に入ったよ。
 良かったわ。それなら、まず、この岩を、どうにかして頂戴。
 そうしよう。
 手遅れにならないように、お願いね。今でも、充分息苦しいんだから。
 分かった。

-Jan/11/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です