総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [87 卓見]

87 卓見

 何度も連絡しようとしたの。・・・でも、怖かったわ、会うのが。
 咬み付かれると思った?
 あなたの採ってくれる実が、苦かったらと思うと、不安で思い切れなかった。
 そう、確かに、今でもその心配はある。・・・只、一つはだけ保証するよ。
 ありがとう。口に合うものが何もなかったら、どうしようかと思ってた。
 解っただろう?・・・何時でも、早目の決断が良い結果を生むとは限らない。時には、じっと待つことも必要だってこと。
 でも、遅れて後悔することもあるでしょう?
 そんなことはないさ。それは、きっと、・・・勇ましいだけが取柄だと云う連中の戯言か、自分では何も決断できい連中の寝言だよ。
 わたしも、その一人よ。
 残念だね。
 そうかしら?・・・わたし達には、それで充分なのよ。だって、人生を無理やり難しくするなんて、馬鹿気てるとは思わない?
 卓見だね。見直したよ。
 嬉しいわ。あなたに褒めて貰えるなんて、・・・。
 只、・・・単純であって欲しいと云う願望を、だから人生は単純だとしてしまうのは、無茶な飛躍だよ。
 そうよね。
 無理に、難しくしてしまう必要はないと云うのは、確かだろうけれどね。
 そうじゃないの。・・・何時だって、褒められた儘で済むことはない、ってこと。
 悪かった。止めよう。
 まだ?
 あそこだよ。
 ホテル?
 そう。
 まだ、こんなに陽が高いのに?
 もう少し歩こうか?
 これ以上歩くようなら泣き出すわよ。
 我儘だね。
 あなた程じゃないわ。

-Jan/18/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です