総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [91 限界]

91 限界

 お父さんの我慢も、もう、限界だったのよ。あなたからは連絡がない。電話を入れても継がらない。・・・あなたのお父さんにも、話したわ。
 どうしてなんだ?
 これまでにそう云う話は何度もあって、づっと、断わって来たのよ。お父さんも、今までは、何も言わなかった。でも、・・・今度だけは違ったわ。
 おかしい。
 あなたから、何度か名前を聞いていたせいで、会うのはその時が初めての筈なのに、・・・何度も会ったことのあるような、不思議な感じがしたわ。それに、想像していたよりも、精悍そうで、・・・あなたよりも、づっと若く見えた。決断も早いし、力もある。申し分ないと思わない?・・・ねえ、聞いてるの?
 何故そんな言い方をするんだ!
 ごめんなさい。
 そう云うことか。やはり、あの時、会う訳にはいかなかったんだ。
 この話が持ち上がった時には、みんな、・・・決っていたんだって。・・・そんなことって、ある?・・・ねえ、わたしは、・・・ねえ、どうすれば良かったの?
 何かあるとは思っていた。
 この一月の間、づっと、会いたいと思ってた。連絡したいと思ってた。あなたに、・・・どうしても、会いたかった。・・・でも、できなかった。・・・どうして?
 想像していた通りだ。
 此処では、・・・泣きたくなかった。だから、・・・そのために、・・・そのためだけに、一月が必要だった。辛い一月だったのよ。・・・でも、だめだった。
 懲りない奴等だ。

-Feb/11/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です