総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [92 選挙]

92 選挙

 お父さんは、断わらなかった。それだけじゃないの。・・・わたしの、最後の我儘を、此処へ来ることを許してくれたわ。・・・それがどう云う意味か、解るわよね?・・・あなたは、きっと、どうすることもできない。・・・どうすることもできなければ、あなたも、わたしも、諦める他はない。・・・その通りよね。筋書き通りよ。
 あの時、あんなことがなければ、こんなことにはならなかった。
 でも、もう元には戻せないことだわ。・・・だから、・・・だから、わたしには、この荷物、重過ぎるのよ。・・・お父さんは、もう、手を貸してくれない。でも、・・・此処へ来れば、あなたがいて、手を貸してくれる。
 選挙、・・・?
 手を貸してくれるわよね?・・・あなたにはそれができるし、・・・わたしには、あなたの手が必要なのよ。・・・もう、一人では、立ち上がれないのよ!
 今度の選挙は何時?
 話は断わった。それを聞いて、・・・お父さんは、・・・怒った。・・・初めてだったわ。・・・怖かった。・・・わたしが、それまで支えにして来たものは、・・・今も、これからも、支えにできるんだろうか、って。・・・もう一度、・・・はっきりと、それに応えて欲しいの。
 何も持たずに、此処へ来た訳じゃない。
 お父さんは、二人が結論を出すだろう、って返事をしたそうよ。・・・二人って、誰のこと?・・・決っていることを、変えられるとしたら、それは、決めてしまった本人以外にはないこと位、誰にだって分かることよね?
 今度の選挙が何時か、それが知りたい。
 選挙がどうだって云うの!
 帰ったら、すぐに調べて連絡して欲しい。
 帰っても良いの?・・・この儘帰れば、どうなると思う?・・・それ位のことが、どうしてあなたには解らないの?

-Feb/11/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です