総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [96 事情]

96 事情

 いらっしゃい。・・・おや、どうしたの?
 おじゃまします。
 何かあったような顔だね?
 急に、事情が、込み入ってきまして、・・・。
 すんなりとはいかない男だね。・・・そう、少し前に会社から電話があったよ。
 今日は来なかったことにして下さい。
 それが良いだろうな。
 何もなければ、此処へ来ることもなかったんですが、・・・。
 そんなに難しい話とは思えないんだけれどね。と云うことは、向こうの方が良いんだろう?
 そうですね。できれば、・・・。
 もうすぐ空くだろうから、それまで此処で我慢してよ。
 その電話、・・・誰からでした?
 名前は言わなかったが、男の人だったよ。・・・いらっしゃいませ。・・・どうぞ、・・・。
 そうですか。
 名前を言わなかったということは、それ程大事な用件でもなかったんだろう。それとも、何か心当たりでもあるのかい?
 いえ。別にありませんが、何でしょうね?
 さあね。電話があったことも知らないのに、そんなことを心配するはおかしくない?・・・お会いするのは、初めてでしたか?
 いえ、二度目です。
 そうですよね。・・・何処かでお会いしたような気はするんですが、どうも思い出せないんですよ。何処でお会いしましたっけ?
 二年程前に、ヨットでご一緒したことがあります。

-Feb/22/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です