総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [97 世話]

97 世話

 二年前、ヨット?・・・二年前、ねえ。・・・あの時かな?・・・ブームに頭をぶつけて、大騒ぎした、・・・あの時の、お嬢さん?
 ええ、そうです。あの時は大変ご迷惑をお掛けしました。
 そうでしたね。思い出しましたよ。・・・二年振り、・・・もう、そんなになりますか。
 その後、お変わりありませんか?
 ええ、お陰さまで相変わらずですよ。・・・お嬢さんも、同じもので良いですか?
 ありがとうございます。
 そうですか。・・・この男は、肝心なことになると何も言ってくれないんで、・・・。実はね、・・・あの船、もう乗れないんですよ。・・・残念でしたけど、寿命でしたから処分してしまって、・・・。でも、近いうちに又新しい船を買おうと思ってるんです。今度は、もう少し小さいのを。何しろ、大きい船は人手が要るもんですからね。・・・そしたら、又ご一緒に如何ですか?
 その話は何時決まったんです?
 今、急に、ね。
 是非、お願いします。
 今度は、あの時のように食事の支度をお願いしなくても済みそうですよ。何しろ、あの時の娘が来年はもう大学受験で、それも、船が手に入る頃には落ち着いているでしょうから、・・・。そうすれば、あなたにものんびりして貰えますよ、きっと。
 楽しみにしています。
 あなたの都合さえ付けば、何時でも連絡して下さいね。
 良いんですか?
 この男には何時もお世話になってるんで、そう云う時位は何んとでもしますよ。・・・さあ、空いたようですよ。

 どうして覚えていない振りなんかしたんですか?
 いけなかったかな?
 いえ、そう云うことはありませんが、・・・。
 そう云う設定の方が、あの女も安心できるんじゃないかと思ったんだけどね。
 そうですか。・・・気を遣って戴いて、ありがとうございます。
 良いんだよ。
 寄る心算はなかったんですが、気が置けないのは、結局、此処しかなかったものですから、・・・。
 何時だって大歓迎さ。

-Feb/22/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です