総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [100 時計]

100 時計

 会って、謝りたかった。・・・会って、償いをしたかった。・・・その重そうな荷物を、降ろしてやりたかった。・・・話を聞くまでは、それも一つの方法だろうと思っていた。
 その話を先に聞きたかったわね。
 そうすれば、・・・此処で、乾杯さえできなかっただろう。
 それでも良かったわ。
 それは解らない。
 どうして?
 傷がまた疼き出した。・・・もう、これ以上、放置しておくことは危険だ。・・・時計に、この問題の解決を委せてしまう訳にはいかない。とすれば、思い切って手術をする以外には方法がない。・・・しかも、もう少しで、手を伸ばせばそれができる。
 時間がないのよ。
 時は、・・・もうすぐ、やって来る。
 何時?
 すぐに、・・・。
 何度も聞いた話ね。
 手術をすれば何時かは癒えるが、この儘放っておけば、何時までも疼き続ける。
 今まで、あなた一人では何もできなかった。だから、遠回りをしてみようとしたんでしょう?・・・是非、そうして頂戴。その為なら多少の痛みは我慢するわ。
 見て欲しくないんだ。・・・手術をするのは一人でたくさんだよ。・・・手術が無事に済んだとしても、傷跡は残るだろう。恐らく、それは何時までも消えることはないし、見るに耐えられない程醜いものかもしれない。・・・それに、傍にいれば、例え何の関わりがなくても、忌まわしい血を浴びなければならなくなる。・・・そんなことを望める訳がない。
 構わないわ。
 そうかな?
 どうして?・・・覚悟があって此処にいるのよ。

-Feb/22/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です