総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [106 羽根]

106 羽根

 帰ろう。
 酔ったわ。
 そうだね。
 帰りましょう。
 これまでに、一度だって、・・・どんな時にも、・・・これを途中で手放したことはなかったよ。それが、・・・づっと長い間の自慢だった。それが唯一の羽根飾りだった。
 あなたは運が良い。あなたには、今からでもできることがあるんだもの。
 しなければならないことが、ね。
 そうよ。だから、その羽根飾りをこれ以上は汚さないで、・・・。

 寒い。
 疲れたろう?
 そうね。・・・でも、嬉しかったわ。
 それもこれも、もうこれで仕舞だ。
 ・・・あなたは、・・・何かを恐れている。・・・違う?
 えっ?
 何が恐いの?
 何も、・・・。
 それじゃ、きっと迷っているのね?
 確かに、迷っていたよ、今まではね。でも、もう済んだ。
 そうかしら?
 何を言いたいんだ?
 疲れたわ。
 そうだろうな。・・・眠っても良いよ。目が醒める頃には着くだろうから、・・・。

-Mar/22/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です