総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [108 年齢]

108 年齢

 あなたは、・・・嘘が下手だから、・・・お父さんを説得するのは、とても無理、・・・。それに、あなたが苦しむのを見たくない、・・・。
 申し訳ないことをしたと思っているよ。随分期待を裏切ったからね。・・・何度も、理由を説明したいと思った。説明できない理由を、・・・説明したかったよ。何度も口に出掛かった。その度に呑み込んだ。その後で、何時も後悔したよ。話してしまえば、お互いに、どんなに楽になれるだろうか、って、・・・。理由にもならない理由なんだろうけれど、たったそれだけのことが、どうしてもできなかった。・・・そうだよ。怖かったんだよ。・・・理解して貰えないと云うことよりも、その話が、洩れてしまうかもしれないと云うことが、ね。・・・他人を信じられなかった。それが辛かったよ。
 ええ、解るわよ。随分長い付き合いなんだもの。
 やっと出た結論なんだ。・・・今更元に戻してしまうことはない。
 もう良いのよ。
 きっと、後悔することになる。
 どっちを選んでも、どちらかが後悔するのよ。・・・だから、それでも良いの。
 年齢をとったね。
 ええ。
 だから「それでも良い」なんてことはない。
 あるわ、きっと。・・・だって、もう、決して若くはないもの。
 きっと、酔ってるんだろうな。
 あなたは、ね。

 雪が、・・・降れば良いわね。
 降るさ。
 そうね。・・・きっと、降るわよね。
 もうすぐだ。
 もう、少し休みたい、・・・。
 雪、・・・か。
 ねえ、もし待てるとしたら、それで何が変わるの?
 これ以上の無駄話はしなくても済むだろうね。それに、見合いの返事も、・・・する必要がなくなるだろう。
 きっとそうね。
 ・・・待って欲しい。
 ええ、・・・。
 でも無理だろうね。
 そうね。
 そうだね。・・・やっぱり、諦めるよ。それが、最善の選択だろうから、・・・。
 できると思う?
 できるさ。・・・雪は、必ず、降る。

-Mar/22/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です