総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [110 取引]

110 取引

 どう云うこと? 何のために、だ?
 彼女は、云わば、願ってもない質草と云う訳だ。
 まさか、・・・。

 辺りを見回してみても、まず彼女程の女性はいないね。
 それだけじゃないんだろう?
 それだけで充分さ。
 鼠みたいに嗅ぎ回っている男に、一泡吹かせたいと考えているんじゃないのか?
 そう云う噂もあることは確かだが、そんなことは幾らでもないだろう。
 あの人は、子供の頃から良く知ってるんだ。そんな取引に乗るような人じゃないよ。相手に下心があれば尚更のことだ。
 下心がなくても、彼女はなかなか魅力的だよ。それに、確かめた訳じゃないんだが、彼女の家の方にも事情があるらしい。
 事情?
 これは単なる噂だろうと思うが、・・・。
 どう云う噂だ?
 直接聞いてみるんだな。その方が、いかがわしい話を聞くよりもづっと利口だと思うね。
 はっきりと言ってくれ、頼むよ。
 銀行のリストに載ったと云う噂がある。
 まさか、・・・。
 噂があると云うことだけは事実だよ。
 知らなかった、・・・。それを知った上で、尚、彼女が欲しいと云うことなのか?
 そう云う情報は見逃さないだろうな。只、あくまでも想像なんだが、最初から彼女の話があった訳じゃないと思うね。お互いの利害が一致したと云うことなんだろう。それで、取り引きの体裁を整えた。そう云う筋書きだろうな。当然、お前の想像していることも、あっただろうけどね。

-Mar/22/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です