総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [115 屑篭]

115 屑篭

 いらっしゃい。
 ゆっくり飲みたかったのに、追い出されたよ。
 実は、頼んでおいたの。あなたが来たら必ず寄って貰うように、って・・・。だって、幾ら電話をしても出てくれないし、先週はとうとう部屋まで押し掛けたのよ。
 何時?
 土曜日。
 何時頃?
 学校の帰りだったから、二時頃かな。・・・あの寒いところで一時間も待ったのよ。その上、メモを挟んでおいたのに返事もないんだから。
 悪かったね。もう少し早く帰れれば、会えたかもしれないな。出張先の都合で打ち合せが遅れてね。・・・でも、メモは見てないし、見ていれば連絡した筈だよ。
 いいえ。きっと屑篭の中にあるわ。
 そんなことをする筈がないじゃないか。
 分かるの。・・・この頃わたしを避けようとしてるでしょう?
 その必要もないし、その理由もないね。
 ある!
 一体どうしたんだ?
 あるわ!
 思い過ごしだよ。
 絶対ある!
 落ち着いて、・・・。そんなことで大きな声を出すなんて、どうかしてるよ。
 だって、・・・。
 此処へ来たのは言い合いをするためじゃない。さあ、教科書を持って来なさい。
 今は嫌。
 それじゃ帰る。
 だめ!・・・待って!・・・待って。
 正月は無理だけど、あと一月、できるだけ寄るようにするよ。それで良いね?
 それだけじゃ、嫌。
 それ以上の約束はできないんだ。

-Mar/29/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です