総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [118 手続]

118 手続

 理由は何だ?
 一身上の都合です。
 それじゃどう云うことか解らんな。これでも忙しいんだ。訳の分からない話に付き合っていられる程暇じゃない。ちゃんと説明してくれ、簡潔にな。
 もっと早く片付けておくべきことを、今まで延ばし延ばしにして来ました。それを取り返しの付く内に整理したい、・・・それが理由です。
 何を言っているのか、さっぱり解らんよ。
 そうですね。至って個人的なことですから、・・・。
 もう少し、解り易く説明してくれないか?
 込み入った事情があります。それを僅かな時間で説明するのは非常に難しいことです。理解して戴くのは、恐らくそれ以上に難しいだろうと思います。
 聞いてみないことには、分からんよ。
 残念ですが、その心算はありませんし、その必要もないと思っています。
 それは君の判断することじゃない。わたしが判断する。
 誰が判断すべきかと云ったことを、議論する必要がある問題だとは思えません。
 仮に、君の意志を上司に伝えなければならなくなった時には、当然、今と同じ質問がわたしに向けられるんだ。それにどう答えれば良い?・・・理由も聞かずに受け取る訳にはいかんだろう? それ位のことは理解して欲しいね。君の個人的な話に興味がある訳じゃない。尋ねられた時に説明できる程度の話が聞ければ、それで良いんだよ。
 これは、わたしが一年半と云う時間を費やして、やっと辿り着いた結論なんです。
 そうだろうな。だが、それだけで納得すると思うか?
 無理なことをお願いしている心算はありません。只、これを受け取って戴いて、他の書類と同じように処理して戴ければ、それで済んでしまうことです。
 君が此処に来てから、もう十年以上になる。こう云う問題を解決するために必要な手続きがどんなものか、知っている筈だ。

-Apr/5/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です