総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [120 頑固]

120 頑固

 まだ日付を入れてありません。
 何時でも良いと云うことなのか?
 いえ、できるだけ早くお願いします。
 約束はできんな。
 止む得ないことだとは思いますが、・・・その返事を何時までも待つことはできませんので、それだけはご了解戴きたいと思います。
 そこまですると、退職じゃなくて解雇扱いになるかもしれんよ。
 どちらでも、同じことです。
 同じじゃないさ。
 いえ、・・・。
 君の考えている期限は何時だ?
 年内です。
 それは無理だろう。もう幾らもないじゃないか。・・・増してや、この時期だ。
 その点は申し訳ないことだと思っています。
 そうか。・・・取り敢えずこれは預かっておくが、そう簡単にはいかないだろうな。それは覚悟しておいてくれよ。
 ご迷惑をお掛けします。
 そうだな。この忙しい時期に、厄介な仕事が増えた。・・・それにしても、君がこんなに頑固だとは思ってもいなかったよ。

 恐らく、それは未決の箱に収まるに違いない、そして、箱の底に張り付くまでに、それ程の時間を必要とはしないだろう、・・・。しかし、その儘で済むことはない、・・・。

 もう僅かだった。数日も経てば年が明ける、自分の歩幅さえ確かなら、それは間違いなくやって来る、・・・。誰もがそれを待っていた。

 その年の最後の日も、会社に戻ったのは、辺りが暗くなってからのことだった。明りを付け、暖房を入れた。しかし、一旦冷え切った部屋は容易に暖まらなかった。電話を残して全てが片付けられた部屋で、一人抽出しの中の整理を始めた。

-Apr/5/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です