総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [122 休息]

122 休息

 残念だよ。・・・何か、・・・できることがあったら言って欲しい。
 もう、何もないわ。・・・できれば、無茶をしないで、・・・。
 此処まで来たら、元へ戻って遣り直すことはできないんだよ。
 雪がすごいのよ。一日中降り続けてる。・・・此処は、とても寒いの。寒くて、足が痺れて、これ以上立っていられない。・・・もう、休みたい。
 ・・・そう、・・・。
 さあ、電話を切って頂戴。わたしにできることは、もうないのよ。・・・切って、・・・お願いだから、・・・!
 そうするよ。・・・済まなかったね。
 そうね。・・・結局、何も済まなかった、・・・。
 謝りたい。どうしても、許して欲しい。
 もう無理よ。
 ・・・愛してる。
 今更何?・・・どうして、今頃になって、・・・。どうして、もっと早く、言ってくれなかったの?・・・たった一言でしょう?
 ・・・そうだね。

 手が震えた。受話器を降ろす音が、静まり返った部屋に満ちた。その音は、恐ろしく長い間、そこに留まった儘なかなか消えようとはしなかった。・・・何時も不安だった。何時も同じところに戻って来てしまうと云う不安だった。

 暖房を止めると、部屋はすぐに冷え始めた。明りを消して部屋を出た。背中で扉の閉まる音がした。暫くの間に何度その音を聞いたろう、・・・。寒さのせいばかりではない、背筋の凍るような音だったことがあった。・・・それが何に由来するものなのかは解っていた。だから、何時も逃げるように会社を出た。

 外は、もう、深い休息の準備の全てが、終わる頃だった。

-Apr/26/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です