総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [125 手酌]

125 手酌

 さあ、一杯いけ。
 戴きます。
 変わったことはないか?
 別に、何も、・・・。
 面倒なことになりそうだな。・・・専らの噂だぞ。
 何のことですか?
 お前のことだ。
 どう云うことか解りませんが、・・・。
 性懲りもなく、事故のことを根に持っているそうじゃないか?
 それは認めます。
 お前があの娘とのの約束を反故にしたのは、事故のことで、何か考えがあってのことだろうと云う噂だよ。本当なのか?
 どんな考えですか?
 そこまでは分からんよ。そこのところはお前の口から聞きたいが、どうなんだ?
 なかなか良くできた噂ですね。
 お前のことだから間違いはないと思うが、その年になったら、回りにも気を配らなくちゃならんと云うこと位は覚えておけよ。お前一人の問題では済まんことがあるんだからな。
 これが済んだら、・・・後は、大人しくしてますから、・・・。
 何のことだ?
 いや、大したことじゃありません。
 とにかく、あまり面倒を起こすなよ。
 気を付けることにします。
 どうやら、この二三日は暖かくなりそうだ。雪の心配をしなくて良ければ、ゆっくりと酒を飲めると云う訳だ。・・・春になったら、釣でもどうだ?
 良いですね。竿を担いで、少し遠出しませんか?
 そうだな。それもなかなか良い。・・・そうしよう。
 何処へでもお供しますよ。
 年寄りとの約束は、破るんじゃないぞ。

 最後の一本は、取分け心地良い匂いがした。

 数年前に造り酒屋の長男と一緒になった従姉は、年の瀬になると、その焼酎のような匂いのする新酒を届けて来た。叔父は、年が明けるのを待ってその酒の封を切り、一人手酌で飲むことを楽しみにしていた。

 こいつがあれば、・・・。叔父は嬉しそうに白い酒の入った徳利を挙げた。

-Apr/26/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です