総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [127 湯気]

127 湯気

 冷え切った身体は湯に中で融けるようだった。窓を開けると、冷たい空気と明るい光が流れ込んで来る、湯気が立ち込める、木の枝に積もった雪が振り落とされて、その度に大きな音を立てる、・・・。他には何の音もしなかった。

 長い間、雪が降ればと考えていた。その雪は降った。これで自分は立ち上がることができる、・・・。だが、雪は融け始めていた。

 仕事は忙しいの?
 そうだね。でも何とか片付けて来たよ。お陰で、遅くなったけど、・・・。
 景気はどうだ?
 悪くはないけど、お父さんのところ程じゃない。・・・工事の方は順調なの?
 今年は雪が多くて、予定よりも大分遅れ気味だな。
 大丈夫。春になれば必ず融けるよ。何時までも積もった儘じゃない。
 今までなら、それも立派な言い訳だが、今回だけはそう云う訳にいかんだろうな。
 苦労が多そうだね。
 それだけじゃないんだよ。
 その話はするな。
 でも、お父さん、・・・。

 お雑煮は?
 もう少し後にするよ。・・・まだ他に、問題がありそうな言い方ですね?
 気にするな。大したことじゃない。
 なかなか気の利いた噂があるらしい、・・・叔父さんから聞いたよ。そのことでしょう?

-May/31/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です