総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です
】 [131 酒蔵]

131 酒蔵

 二日ばかり続いた春のような陽気も、予報ではその日が最後だと云うことだった。しかし、午を過ぎても穏やかな陽差しが降り注いでいた。雪の溶ける音だけが賑やかだった。

 出掛けて来るよ。
 何処へ?
 新年会でね。久し振りに顔を出して来る。
 あまり飲み過ぎないでよ。そうでなくても、飲み始めると見境がつかなくなるんだから。
 気を付けるよ。
 食事は良いのね?
 かなり遅くなると思うから、先に休んで、・・・。

 まだ正月の夢から醒めやらない街は、ひっそりとしていた。時折り水飛沫を上げながら車が通り過ぎた。それ以外に動くものはなかった。

 ゆっくりと歩いた。・・・酒蔵から洩れて来る微かな酒の匂い、軒下の融け忘れたように積った儘の雪、その下を流れる水の、助けを求めるような微かな音、・・・。

 一つの足跡が続いていた。

 いらっしゃいませ。
 少し早過ぎたようですね。
 お待ちしておりました。・・・明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
 おめでとうございます。こちらこそ宜しくお願い致します。
 どうぞ、・・・。

-Aug/15/1998-

・・・つづく・・・



総合目次のページ 小説です 当サイトの全ページを一覧でご覧いただけます すべてのページの更新履歴です